第924回 同じ98年世代の投手に負けたくない!ドラフト候補・立野和明(東海理化)の意気込み!2019年03月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今年の社会人は高卒3年目投手トリオに注目だ。太田 龍れいめい-JR東日本)、河野 竜生鳴門-JFE西日本)。そして東海理化の立野 和明中部大一-東海理化)だ。

 181センチ77キロと恵まれた体格から投げ込む速球の最速は152キロ。さらに多彩な変化球で奪三振を量産する右の本格派だ。3月12日のスポニチ大会で13奪三振の完投勝利を挙げ、各球団のスカウトの評価を挙げている。そんな立野から今年にかける意気込みを聞いた。

チームの勝利を目指す中で、プロを実現したい



立野 和朋投手

 3年間で大きな進化を見せた。1つずつ自分の取り組み、目的、意志をしっかりと発する立野の姿を見て、人間的にも成長した姿を感じられた。

 2年秋まで愛知県内では潜在能力の高さは知れ渡っていたが、一気に才能を開花させたのが、3年春の県大会では最速141キロを計測。夏の愛知大会でも1回戦・尾西戦で5者連続含む11奪三振、7回完封の好投を演じた。こうしたピッチングを評価され、東海地区の名門・東海理化からオファーを受けた。

 「まさか自分が社会人野球の名門チームでプレーできるとは当時は想像できませんでした」

 そして立野は高卒3年でプロ入りすることを目標に掲げ、日々の練習に取り組んだ。高校時代より高度な野球を学びながら、成長を見せていった立野は昨年の高卒2年目からブレイクを果たす。

 補強選手として出場した都市対抗ではリリーフ登板。さらに、日本選手権では延長12回を投げ、10奪三振の好投。11月末から12月前半に行われたアジアウインターリーグでは、最速152キロをマークした。この2年間について立野は
 「野球を集中させてもらえる環境でした。高卒3年でプロに行く、そしてチームの勝利のために自分のレベルを高めることをテーマにやってきたので、成長できたと思います」と振り返る。



インタビューに答える立野 和朋投手

 勝負の3年目。同じドラフト候補として注目されている同い年の太田 龍(JR東日本)、河野 竜生(JFE西日本)や、同い年のプロの投手は大きな刺激となっている。

 「やはり意識はしますね。2人に負けたくない思いは強いです。そして、プロで活躍する投手を見ていて、すごいなと思いますし、刺激になります」

 今年の目標はプロ入り。その前にチームの勝利に貢献することだ。
 「今年こそチームの勝利に貢献していきたいですし、そういう過程の中でプロにつながっていければと思います」

 今年はエースとして都市対抗に導く活躍を見せることができるか。勝負の3年目は最高の年としたい。

文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

水谷祥平(龍谷大平安)
立野和朋(たての・かずとも)
  • 中部大一
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長・体重:181センチ・77キロ
【関連記事】
第811回 若獅子賞受賞し、来季のドラフトで注目の太田龍(JR東日本)の来季の目標とは 【2018年インタビュー】
第386回 県立鳴門高等学校(徳島)「春夏甲子園王者を下した 鳴門流『自然体ゲームプランニング』」【野球部訪問】
第430回 甲子園のスター、プロ志願選手など注目選手が揃った岩手国体に注目!【大会展望・総括コラム】
第61回 鳴門に明徳!四国に連続出場チームが多い理由って何?【夏の大会特集2016】
第36回 努力を讃えたい四国地区7人衆は?寺下友徳氏が選抜!チーム特別賞には聖カタリナも!【夏の大会特集2016】
第390回 甲子園で一躍ドラフト候補に?!浜屋、松山、平林・・・まだまだいるぞ!甲子園注目投手!【大会展望・総括コラム】
第407回 れいめい高等学校 太田 龍投手【後編】「無冠の大器、夏への決心」 【2016年インタビュー】
第406回 れいめい高等学校 太田 龍投手【前編】「勝つ喜びを知っているから…」 【2016年インタビュー】
太田 龍(れいめい) 【選手名鑑】
河野 竜生(鳴門) 【選手名鑑】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー