目次

[1]主将としての責任感を胸に戦う
[2]目指すは鈴木誠也のような勝負強い選手

 2年次から甲子園出場を果たした水谷 祥平。前編では昨夏の甲子園での鳥取城北戦までを振り返った。後編では、もっとも印象に残っているという日大三戦の当時の状況を振り返ってもらい、今年の選抜への意気込みを語ってもらった。

5年前の選抜優勝がきっかけで龍谷大平安の門を叩く!! 水谷祥平(龍谷大平安)【前編】

主将としての責任感を胸に戦う



選抜注目の水谷祥平(龍谷大平安)

 「一本もヒットが打てなくて、レベルを痛感しました。守備や一人一人の振る力が上だったのかなと思いました。負けた瞬間は自分がチームを引っ張るという風に思いましたね。絶対にここに帰って来てやろうと思いました」

 こうして新チームでは主将に立候補。しかし、レギュラーとして残っていたのが水谷と北村 涼(新3年)しか残っていなかった。不安要素の多い新チームだったが、水谷はどのようにして引っ張ってきたのだろうか。

 「初めて試合に出る者が多い中、練習の中で覚えることがたくさんありました。自分が伝えられることはどんどん伝えていこうと思って練習に取り組みましたし、コミュニケーションは大切にして秋の大会には臨みました」

 数少ない旧チームからのレギュラーとして自身の経験を精力的に伝えてきた。水谷の奮闘もあり、試合を重ねるごとにチームは着実に成長を遂げていく。

 そして水谷には主将だけでなく、もう一つの変化があった。それは打順が1番から4番に変わったことである。

 「1番だと自分が出れば点を取れるような打線でした。逆に今は自分が前のバッターが僕に繋げば点が取れると思ってもらえるようなバッターになりたいと思います」と意識の変化を語る。

 秋の公式戦では10試合で打率.447、2本塁打、13打点と大活躍。チームも京都大会3位から近畿大会を制し、センバツ出場に当確ランプを灯した。名実ともにチームの絶対的存在である水谷はどのようにして勝負強い打撃を手に入れたのだろうか。


 「一球への集中力です。やっぱり試合になると一球で負ける、一球で勝てるということがあるので、ただの一球じゃなくて一球に魂込めるつもりで練習の中でやるように心がけています」

 昨夏の日大三戦では押し出し死球で決勝点を献上し、一球で試合を決まる怖さを水谷は身を持って体験した。だからこそ一球に集中力を込めている。そして水谷の打撃の長所は高いミート力を持ちながらしっかりと振り切っているところだ。

 「どんな球にも合わせるというよりも振って捉える。フルスイングした中で捉えることを大事にしています」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。