第926回 客観視できる姿勢が万能型野手へ成長させた 水谷祥平(龍谷大平安)【前編】2019年03月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【水谷 祥平選手のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]全国優勝を目標に伝統校のユニフォームに袖を通す
[2]ハラハラドキドキだった2年の夏の甲子園

 秋の近畿大会を制した龍谷大平安で主将の重責を担っている水谷 祥平(新3年)。昨夏は1番打者として甲子園に出場し、甲子園通算100勝目となるサヨナラのホームを踏んでいる。甲子園を経験して大きく成長した水谷は抜群のキャプテンシーを発揮してチームを2季連続の甲子園出場へと導いた。

 熱くチームを引っ張る水谷のこれまでの高校野球生活、そして23日に開幕するセンバツへの意気込みを語ってもらった。

全国優勝を目標に伝統校のユニフォームに袖を通す



ティーバッティングをする水谷祥平(龍谷大平安)

 水谷は野球をやっている兄の影響で幼稚園の頃から野球に親しんでいたという。その流れで自然と、小学1年生で軟式野球チームの亀岡リトルイースタンに入って野球を始めた。中学時代は京都東山ボーイズに所属。最高成績は全国大会16強だった。

 龍谷大平安への進学を希望したのは、中学入学を控えた5年前。その年のセンバツでは龍谷大平安河合 泰聖(現・中央大)らの活躍で全国制覇を成し遂げていた。京都府亀岡市出身の水谷にとって龍谷大平安は憧れの存在。「河合さんの代が春で日本一になられたので、自分もそこを目指したい」と思うようになった。体験会を経て入学を許可された水谷は迷わず進学を決意。憧れていた平安のユニフォームに袖を通すことになった。

 「高校のレベルを痛感して自分はまだまだだと感じましたね」と入学当時を振り返る水谷。当時の龍谷大平安は4番・岡田 悠希(現・法政大)、5番・松田 憲之朗(法政大入学予定)と並ぶ強力打線だった。彼らの打球を目の当たりにして「これが高校生の打球か」と思わされたという。

 京都一の名門である龍谷大平安は入学直後の春季京都大会で優勝。だが、水谷が先輩の姿を見て学んだのは野球の技量だけではない。

 「練習の態度や全員が一球に集中して取り組む姿勢は流石、伝統校でこれが強い秘訣かなと感じました。監督さんへの受け答えでなど、これが高校野球の姿かという感じでしたね」

 野球への取り組み姿勢や目上の人への態度など野球人として大切なことを入学してから学んできた。1年秋にはベンチ入りを果たすが、レギュラー定着とはならなかった。

 「足りない部分がたくさんあって、スタッフの方から見て使える選手ではなかったです。使う側からして『コイツ面白いな』という存在になることをずっと目標にしていました。使って頂くこともあったんですけど、やっぱり大事な試合だったりすると自分が出られない。力がないと感じました」

 期待されながらもあと一歩でレギュラーを掴めないというもどかしい日々が続く。だが、そんな中でも「足りない部分を補って、何か一つでも伸ばしていこうと思って練習に取り組みました」と地道に努力を重ねてきた。

【次のページ】 ハラハラドキドキだった2年の夏の甲子園

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

水谷祥平(龍谷大平安)
水谷祥平(みずたに・しょうへい)
  • 龍谷大平安
  • ポジション:右翼手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長・体重:174センチ・80キロ
【関連記事】
第934回 逆襲の明徳義塾か、連覇期す高知商か、「1年生1番」森木 大智の高知か? 「3強」以外にも興味深い高知県の夏【高知大会展望】【大会展望・総括コラム】
第946回 福知山成美や京都翔英、京都外大西などがノーシードと京都は大混戦の模様!【京都大会展望】【大会展望・総括コラム】
第621回 『高校で楽しめ』中学野球は通過点にすぎない 西京ビックスターズ(京都)【後編】【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第620回 勝利と育成の両立を可能にした「状況に応じた野球」の追求 西京ビックスターズ(京都)【前編】【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第624回 主将の背中を見てチームが変わる!泥臭いことが出来るようになった京都外大西(京都)【後編】【野球部訪問】
第926回 偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第926回 龍谷大平安に現れた俊足好打の1番打者・中島大輔(龍谷大平安)【前編】 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 一途にプロ入り目指す野球の求道者・上野響平(京都国際)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 京都国際を初の近畿大会へ導いた上野響平が夏の準決勝敗退から得たもの【前編】 【2019年インタビュー】
河合 泰聖(龍谷大平安) 【選手名鑑】
水谷 祥平(龍谷大平安) 【選手名鑑】
龍谷大平安 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー