第925回 今年の大分高ナンバーワン打者!泥臭い打撃で勝利に貢献したい 中尾拓士(大分)2019年03月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【中尾拓士の練習の模様をギャラリーでチェック!】

【目次】
[1]研究し続け気づいた優れた打撃動作
[2]どんな形でも1点を取っていくことにこだわりたい

 初の甲子園出場の大分。選手からも、指導者からも「打撃技術はチームナンバーワン」と評価されるのは、4番ファースト・中尾 拓士だ。懐が深い構えから滑らかなスイング軌道で長打・巧打を打ち分けるバッティングで大活躍。

 昨秋は練習試合では打率.411、6本塁打。公式戦ではチームトップの13打点を記録している。ここまでチームトップの通算16本塁打を放ち、打線のキーマンとして期待される中尾に打撃のこだわりやセンバツに向けての意気込みを聞いた


研究し続け気づいた優れた打撃動作



素振りをする中尾拓士(大分)

 「自分は長打、好打も打てて、状況判断が長けた打撃ができる対応力の高さが一番のウリだと思います」と毅然とした表情で言い切る。その自信の裏は、常にバットを振り続ける姿勢にある。

 今ではチームトップの本塁打を放つ中尾だが、大分中時代は「体も小さく、長打も打てない選手でした」と振り返る。中尾が賢かったのは、小さい体だから小さくまとまるのではなく、しっかりと全身を使って振り切ろうと意識したことだ。
 「体全体を使って振ることを意識しました。いずれ体が大きくなった時、遠くへ飛ばせるのではないかと思ってやってきました。実際に学年が上がるにつれて飛距離は伸びるようになってきました」

 また、打撃力向上のために研究を怠らなかった。大分入学後、1年冬からさらに研究しないといけないと考えた中尾は技術本を読んだり、動画サイトではプロ野球選手の打撃フォームをスローモーションで再生し、一流選手の優れた動作の共通点を探しだした。

 「強打者の共通点がインパクトの時に右ひじ(右打者は左ひじ)が伸び切っていること。あとはスイング軌道の修正です。よく上から出せといわれていたのですが、プロ野球選手の打撃フォームを見ると上からたたく人はいなくて、肩の下からレベルスイングすることを意識しました」

 特に参考にしたのは糸井嘉男(阪神)だ。
 「自分のお手本ですね。打撃スタイルは参考にするようになりました」
 この取り組み高校2年生になってから打撃が本格化。チームの4番打者として欠かせない存在へ成長。今ではチームメイトに教える存在までになった。
 「打撃理論や打撃について考えることは誰にも負けたくないと思っています」

【次のページ】 どんな形でも1点を取っていくことにこだわりたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中尾 拓士(なかお・たくと)
  • 大分
  • ポジション:一塁手
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 身長・体重:176センチ・75キロ
【関連記事】
第21回 佐伯鶴城(大分) 「平成8年以来の甲子園を目指す!打ち勝つ打力をつける」【冬が僕らを強くする2020】
第26回 高校生はもちろん独立や大学、そして中学野球がランクイン!2019年人気インタビューベスト10!【インタビュー編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!【大会展望・総括コラム】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1022回 アウトにならない究極の打撃を目指して 黒川史陽(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1021回 そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第1001回 愛媛から単身・生光学園中に進んだ「大型選手」 髙橋友(生光学園ヤング) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第930回 狙うは日本一の二塁手!先頭打者として勢いをつける打撃を見せたい足立駿(大分)! 【2019年インタビュー】
黒川 史陽(智辯和歌山) 【選手名鑑】
中尾 拓士(大分) 【選手名鑑】
大分 【高校別データ】
大分工 【高校別データ】
大分商 【高校別データ】
大分一 【高校別データ】
大分二 【高校別データ】
情報科学 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
中津商 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
森 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー