第925回 今年の大分高ナンバーワン打者!泥臭い打撃で勝利に貢献したい 中尾拓士(大分)2019年03月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【中尾拓士の練習の模様をギャラリーでチェック!】

【目次】
[1]研究し続け気づいた優れた打撃動作
[2]どんな形でも1点を取っていくことにこだわりたい

 初の甲子園出場の大分。選手からも、指導者からも「打撃技術はチームナンバーワン」と評価されるのは、4番ファースト・中尾 拓士だ。懐が深い構えから滑らかなスイング軌道で長打・巧打を打ち分けるバッティングで大活躍。

 昨秋は練習試合では打率.411、6本塁打。公式戦ではチームトップの13打点を記録している。ここまでチームトップの通算16本塁打を放ち、打線のキーマンとして期待される中尾に打撃のこだわりやセンバツに向けての意気込みを聞いた


研究し続け気づいた優れた打撃動作



素振りをする中尾拓士(大分)

 「自分は長打、好打も打てて、状況判断が長けた打撃ができる対応力の高さが一番のウリだと思います」と毅然とした表情で言い切る。その自信の裏は、常にバットを振り続ける姿勢にある。

 今ではチームトップの本塁打を放つ中尾だが、大分中時代は「体も小さく、長打も打てない選手でした」と振り返る。中尾が賢かったのは、小さい体だから小さくまとまるのではなく、しっかりと全身を使って振り切ろうと意識したことだ。
 「体全体を使って振ることを意識しました。いずれ体が大きくなった時、遠くへ飛ばせるのではないかと思ってやってきました。実際に学年が上がるにつれて飛距離は伸びるようになってきました」

 また、打撃力向上のために研究を怠らなかった。大分入学後、1年冬からさらに研究しないといけないと考えた中尾は技術本を読んだり、動画サイトではプロ野球選手の打撃フォームをスローモーションで再生し、一流選手の優れた動作の共通点を探しだした。

 「強打者の共通点がインパクトの時に右ひじ(右打者は左ひじ)が伸び切っていること。あとはスイング軌道の修正です。よく上から出せといわれていたのですが、プロ野球選手の打撃フォームを見ると上からたたく人はいなくて、肩の下からレベルスイングすることを意識しました」

 特に参考にしたのは糸井嘉男(阪神)だ。
 「自分のお手本ですね。打撃スタイルは参考にするようになりました」
 この取り組み高校2年生になってから打撃が本格化。チームの4番打者として欠かせない存在へ成長。今ではチームメイトに教える存在までになった。
 「打撃理論や打撃について考えることは誰にも負けたくないと思っています」

【次のページ】 どんな形でも1点を取っていくことにこだわりたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中尾 拓士(なかお・たくと)
  • 大分
  • ポジション:一塁手
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 身長・体重:176センチ・75キロ
【関連記事】
第923回 高い制球力の秘密は「手首の使い方」!実戦派左腕・若杉 晟汰(明豊)の進化の軌跡 【2019年インタビュー】
第852回 明豊、大分の2トップに追いつけ!激戦が予想される九州予選大分大会の見所!【大会展望・総括コラム】
第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?【大会展望・総括コラム】
第837回 黒川、東妻、来田など近畿の野手たちに注目!選抜出場校逸材ガイドブック【西日本野手編】【大会展望・総括コラム】
第829回 リードする星稜を追うのは?平成最後の選抜、新元号最初の夏に期待の注目校【2019年展望】【大会展望・総括コラム】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第509回 智辯和歌山 打倒・大阪桐蔭を合言葉にした1年間 直接対決を制し夏の頂点へ【野球部訪問】
第734回 黒川史陽(智辯和歌山)「驚異の勝負強さで選抜準優勝に貢献!目指すは西川遥輝」 【2018年インタビュー】
第728回 大分商のスーパー1年生・川瀬堅斗は「野球の天才」 目指すは日本一の投手 【2018年インタビュー】
第727回 古江空知(大分商)5年ぶりの甲子園出場へ。目指すは「全試合完封」 【2018年インタビュー】
黒川 史陽(智辯和歌山) 【選手名鑑】
中尾 拓士(大分) 【選手名鑑】
大分 【高校別データ】
大分工 【高校別データ】
大分商 【高校別データ】
大分一 【高校別データ】
大分二 【高校別データ】
情報科学 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
中津商 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
森 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー