目次
[1]周りのライバルを見て生きる道を決めた
[2]自分のストレートには満足していない

  今年の明豊は投打ともに逸材が多い。投手には140キロ越えが3人いる。その1人が大畑 蓮だ。184センチ72キロとチームでは最長身の大畑の一番の武器は、角度あるストレート。高校入学時、あまりのレベルの高さにベンチ入りできるのかと悩んだ大畑だが、そこからどう生きるべきかを考えた2年間を振り返っていきたい。

周りのライバルを見て生きる道を決めた


 一歩ずつ地道に積み上げて成長してきた。名門・明豊中に進んで、当初は野手だったものの、中学の監督から投げ方の良さ、球筋の良さを買われ、投手に転向した。大分から甲子園に行きたい思いでそのまま明豊に進んだものの、周りのレベルの高さを実感し、「3年間ベンチに入れるか不安だった」と胸中を語る。

 それでも、必死にアピールした。ピッチング、トレーニングを懸命にこなし、紅白戦で投げる機会があれば必死に打者を抑えてきた。

 大畑が首脳陣にアピールしたのは角度のある速球だ。同級生には140キロ台の速球を投げる寺迫 涼生や先輩にも140キロ台の速球を投げる投手がいた。スピードではかなわない。そこで投手陣で最身長だった大畑は「いかに角度ある速球を投げられるか」を考え、フォームを固めてきた。

 「叩きつけるイメージですね。高校に入って回転数の高いストレートを投げることは意識しはじめて、上から下へたたきつけるイメージで投げています」
 その成果は実り、昨春、練習試合解禁日となった初の練習試合で先発登板。そこでのアピールに成功して念願のベンチ入りを果たす。迎えた県大会初戦では6回1失点の好投を見せる。

 「自分の中ではもっと点を取られると思ったんですけど、自分の考えた以上に良いピッチングができて嬉しかったです」



練習中の大畑蓮投手

 その後も好投を続け、九州大会でもベンチ入りして登板を果たした。
 「初めての九州大会で競った試合で緊張したんですけど、思った以上に投げられてよかったと思います」

 夏の大会へ向けて収穫のある内容を残した大畑は「さらに強いストレートを投げることと、それだけでは抑えられないので、練習試合では変化球もうまく使って抑えることを意識しました」と、総合的なレベルアップに取り組んできた。

 夏の大会でもベンチ入りし活躍を誓ったが、初戦の大分工戦でロングリリーフで投げた翌日、今までにない痛みを感じた。肩の痛みにより不完全燃焼に終わり、大会後は治療に励んだ。

 「投げずに治療を行ない、インナーマッスルや下半身を強化するトレーニングを行いました」
 しっかりとした治療とトレーニングが実り、九州大会では目覚ましいピッチングを見せる。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。