第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】2019年03月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
【村田賢一選手のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]コンディショニング、観察力ともに充実した関東大会
[2]中里篤史さんのような伸び上がるようなストレートを投げたい

 県大会では4番エースとして全試合完投勝利を飾ったエースの村田 賢一。その勢いに乗って臨んだ秋季関東大会では、強豪・横浜を相手に完投勝利。その陰には、高い制球力と鋭い観察力があった。

コンディショニング、観察力ともに充実した関東大会



村田賢一(春日部共栄)

 関東大会を前にして、村田はストレートがシュート回転することを課題に挙げていた。村田がポイントにしているのは中指だ。
 「中指は縫い目の奥側に入れるイメージで投げていきます。そうすることで以前よりシュート回転が少なくなったと思います」
 ところが関東大会の藤代戦では調子が上がらなかった。「ストレートも走らず、本当に苦しい内容でした」と語るように10安打を浴び6失点。それでも最後は敵失から1点勝ち越し、なんとか準々決勝進出を決めた。そして、迎えた横浜戦。

 横浜に対しては「開会式で並んで、こんなにでかいのかと思いました」と恐怖感を抱いたそうだが、ひとたびマウンドに上がると強力打線に対して果敢に攻めの投球を貫いた。

 まず県大会準決勝でも逆転サヨナラ本塁打を放った小泉 龍之介に対しては、
 「大事にしたのはボールはボールとストライクはストライクをはっきりさせたことです。140キロ出ていても甘く入れば持っていかれる打線ですから、打者から狙いを探ることを心掛けました」

 村田は、小泉を4三振に打ち取り、横浜打線の流れを寸断させた。そして4番内海 貴斗に対しては
 「彼に対してはとにかくインコースのストレートで勝負しました」
 村田は、内海も無安打に打ち取った。



ピッチング練習を行う村田賢一(春日部共栄)

 捕手の石崎によると、こうしたリードは村田だからこそできるものだと言う。
 「村田はコーナーに投げ分ける制球力の高さがあるので、投球の組み立てがしやすいです。また日ごろから実戦を意識した投球練習ができているので、大舞台でもいつも通りのピッチングができたと思います」

 試合前、油断したら簡単に長打を打たれる怖さを感じながらも、村田は横浜相手に投げる喜びを感じていたという。
 「やっぱり燃えますね。特に走者を背負って投げるときは楽しかったです。点差が付いた6回裏も、少しでも緩めたら一気に返されるのでコールドで終わらせるつもりで投げました」
 村田は打者としても、横浜のエース・及川 雅貴から本塁打を放ち、投打で活躍。あの場面について、「第1打席立った時は、ストレートが速すぎて全く見えませんでした。なんとか慣れた第2打席は、クロスファイヤー気味のストレートが来ると予感していたので、狙い通りの球を打てました」

 投打ともに村田の観察力が冴え渡り、見事に関東の横綱を破ったのだ。

 続く山梨学院戦ではここまで2試合連続本塁打を放っていた4番野村 健太を徹底マーク。

 両コーナーを巧みに突くと野村を4打数1安打に抑え、被安打6、1失点の完投勝利。「この日は球威、コントロール、変化球の精度とともに関東大会では一番でした」と村田自身も手応えを感じるほどの投球内容だった。決勝戦の桐蔭学園戦には敗れたが、秋の公式戦では9試合を投げ、8完投勝利、防御率2.41、打者としては2本塁打、9打点、打率.405と4番エースとして文句なしの活躍を見せた。

【次のページ】  中里篤史さんのような伸び上がるようなストレートを投げたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

村田賢一
村田 賢一(むらた・けんいち)
  • 春日部共栄
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長・体重:センチ・キロ
【関連記事】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
第225回 横浜期待の星・松本隆之介 順調な歩みを見せる大型左腕のストロングポイントは?【ドラフト特集コラム】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第954回 実力校・関東一、山梨学院らが登場!広島商vs岡山学芸館の隣県同士の対決にも注目!5日目3試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第21回 今年の甲子園に出場する1,2年は怪腕、スラッガーが続々登場!【101回大会特集】
第1012回 いずれは憧れの先輩遊撃手に負けない選手へ 指導者が認める野球センスの塊・常世田翔太(銚子商) 【2019年インタビュー】
第999回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
内海 貴斗(横浜) 【選手名鑑】
及川 雅貴(横浜) 【選手名鑑】
小泉 龍之介(横浜) 【選手名鑑】
野村 健太(山梨学院) 【選手名鑑】
村田 賢一(春日部共栄) 【選手名鑑】
春日部共栄 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
藤代 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー