第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス)2019年02月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【岸潤一郎選手のギャラリー17枚もチェック!】

【目次】
[1]「足」という活路を見出した1年目
[2]NPB入りへのポイントは内野守備


 明徳義塾時代、エースとして4度の甲子園に出場し、高校野球ファンを沸かせた岸 潤一郎。2018年、徳島インディゴソックス入団して、2年目を迎えた。

 再起をかけて臨んだ昨シーズンは盗塁王に輝き、「まだやれる」ということを十分に示す活躍だった。
 今回はそんな岸に、1年目の昨シーズンを振り返っていただき、活躍の要因やドラフトが解禁となる今シーズンに向けた意気込みを伺った。

「足」という活路を見出した1年目



岸潤一郎(徳島インディゴソックス)

 「いい部分もあったり、厳しい部分もあったり、いろんな面を見ながら野球をすることができています。そんな中でも、野球に打ち込める環境があるというのは本当に良かったと思っています」

 かつて、甲子園を湧かせた岸 潤一郎は今、徳島の地で野球ができる喜びを噛みしめながらプレーしている。「大学時代は、ボールを触るのもバットを握るのも嫌だった」と語る岸だったが、今はその面影は全く無い。 

 徳島インディゴソックスでの1年間を振り返ってもらうと、岸は苦しい中でも前向きに野球と向き合っていることを強調した。

 「練習場所の確保やバイトもやったりと、環境的に厳しいところもあります。それでも試合数は多いですし、上のレベルの人(プロ野球選手)と試合をする機会も多いです。いい経験はたくさんできていると思っています」

 そんな中で岸は、自身の明確なプレースタイルも確立することができた。高校時代にはあまり注目されていなかった「足」という活路を見出し、昨シーズンは38盗塁を記録して盗塁王とベストナインを獲得。NPB入りに向けて、大きな存在感を見せることができた。



岸潤一郎(徳島インディゴソックス)

 「初球に走れるような技術だったり、牽制球が来ても余裕で帰れるようなリードの仕方だったり、まだまだ足りないところも多いです。でも足を武器にしている以上、今年も盗塁王は獲りたいと思っています」

 またチーム内でも、岸の存在の大きさを推す声は多い。今シーズンから主将を務める安井 勇輝は、俊足を活かしたプレースタイル以外に加えて、岸の持つキャラクターやスター性は、チームにとって大きなプラスになってると話す。

 「足がありますし、走攻守すべてが揃った選手です。本人自体も明るくてノリの良い感じで、名前も売れているのでお客さんも呼べます。チームにとってプラスしかないと思います」

 そんな岸も、今年からドラフトが解禁となる。紆余曲折を経験したが、ようやくドラフト候補としての土俵に登ることが出来た。

【次のページ】 NPB入りへのポイントは内野守備

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 2019年高知県高校野球3大ニュース 森木 大智(高知)がもたらした「化学変化」【高知の高校野球】
第26回 高校生はもちろん独立や大学、そして中学野球がランクイン!2019年人気インタビューベスト10!【インタビュー編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第1059回 上間永遠投手(柳ヶ浦-徳島インディゴソックス) 最短で一軍の舞台に上がるために!独立屈指の若手投手が歩んできた野球道 【2019年インタビュー】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第959回 「00」背負い夢を追う 「100マイル」ドミニカン右腕 ジェフリー・へルナンデス (徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第928回 徳島の地に踏み出したロマンあふれる大型右腕 森祐樹(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
岸 潤一郎(明徳義塾) 【選手名鑑】
明徳義塾 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー