目次

[1]佐世保実の門を叩いたスーパー1年生
[2]まだまだ伸びしろを感じる投手


 佐世保実の注目の1年生はご存知だろうか?名前は山口 夢叶(やまぐち・ゆうと)。山口は中学時代は軟式でプレーしていた。佐世保実に入学してから急成長している選手である。そんな山口の魅力を読み解いていきたい。

佐世保実の門を叩いたスーパー1年生


 新川剛(しんかわ・ごう)監督は
 「彼はですねここら辺ではナンバーワンの投手ですよ。佐世保市の選抜選手なんです。市の選抜の大会を見たときに、いやぁ~と思いましたね」
 と山口との強烈な出会いを回顧している。

 一方、山口は佐世保実を選んだ理由として
 「(新川)監督さんが、トレーニング面や食事面をよく知っていると聞いて。野球をする上で身体は大切なので、設備もいいので佐世保実を選びました」
 と語っている。

 新川監督は、佐世保実の監督就任前は福岡の光陵高校でトレーナーを勤めていた。その時に、島内颯太郎(光陵→九州共立大学→広島東洋カープ)を指導するなどトレーナーとしての実績があった。山口はそんな新川監督の元でプレーをすることを決めたのである。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。