第897回 主将として、選手として更なる高みへ 松浦咲花(飯塚ボーイズ)【後編】2019年02月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【松浦咲花選手のギャラリー20枚もチェック!】

【目次】
[1]松浦選手がチームに生んだ「和み」
[2]女子プロ野球選手になるという目標が全てのモチベーション


 福岡県内で、毎年指折りの強さを誇っている飯塚ボーイズ。ノックの達人として、TV番組にも取り上げられた春山総星監督の話題性だけでは無く、2011年にはジャイアンツカップ優勝を飾るなど、確固たる実績も残している。

 そんな飯塚ボーイズで、現在主将を務めているのは女子選手の松浦咲花(さくら)選手だ。チームではセカンドを任され、打線の中でも2番や9番などで小技を利かせた役割をになっている松浦選手。また、これまで中学野球の強豪2チームを率いてきた春山監督も、松浦選手のキャプテンシーに「とても頼もしい」と信頼を寄せている。
 後編では、キャプテンとしての取り組みや女子プロ野球選手という将来の目標についても迫っていく。

松浦選手がチームに生んだ「和み」



松浦咲花(飯塚ボーイズ)

 主将としてチームをまとめる松浦選手。当然ながら、やる以上は高い目標を持って練習に取り組んでいる。チームの目標はずばり、全国制覇だ。

 「しっかり気を配ったりしながら、チームをまとめていきたいと思います。強いチームを作って全国制覇できるように頑張っています」

 長年、チームを率いてきた経験豊富な春山監督は、今年のチームは「一致団結のチーム」と表現する。
 個々の能力が高かった前チームと比べると、能力だけを見れば今年のチームは劣るかもしれない。だが、松浦選手を中心に「一致団結」した野球が今年のチームカラーで、束になった時の強さに春山監督は大きな期待をしていると語る。

 「咲花はしっかりしてるので、みんな言うことを聞きますし、女の子が中心にいることでチーム内に「和み」も生まれました。いい雰囲気で練習していると思います」

 また、松浦選手は個人としても、技術や体力向上のために課題意識を持って練習を行っている。セカンドのポジションを任されている松浦選手は、ゴロを捕る際の横の動きに対しては自信がある一方で、足の速さには課題があると考えている。

 「課題は足を早くすることだと思います。チームでは走り込みも多いので、もっと鍛えていき課題を克服したいと思います」

【次のページ】 女子プロ野球選手になるという目標が全てのモチベーション

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

松浦咲花
松浦 咲花(まつうら・さくら)
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投右打
  • 一本松ライオンズ-飯塚ボーイズ
【関連記事】
第897回 「周囲の支え」によって不安から脱却 松浦咲花(飯塚ボーイズ)【前編】 【2019年インタビュー】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー