目次

[1]エース番号を背に茨城大会を戦い、課題を見つける
[2] 納得の投球に向けて、ウエイトでレベルアップ!!

 前編では藤代のエース・中山 航藤代へ飛び込んだ理由や、昨夏の県大会で得られたことを語ってもらった。後編では、昨秋に着手したと語るフォーム改造について。そして関東大会での活躍などに本人に振り返ってもらいながら話を伺った。

「相手が強いほうが燃えます!」熱い気持ちで甲子園目指す 中山航(藤代)【前編】

エース番号を背に茨城大会を戦い、課題を見つける


 昨秋にはフォーム改造に取り組んだ。「菊地一郎監督に見てもらって、左肩をやや下げて投げるように変えました。以前に比べるとかなり投げやすくなりましたし、ボールに角度もつくようになっています。それからリリースも前で離せるようになって、球威もコントロールも良くなりました」。

 参考にしているのは山岡 泰輔投手(オリックス)だ。「身長が172cmで自分と同じですし、左肩を下げて投げるフォームも同じなので。いずれは自分も山岡投手のように150キロを超えるストレートやキレの良いスライダーを投げてみたいです」。

 そこで、変化球の精度アップにも取り組んだ。「昨年の秋季大会からチェンジアップの握りを深くしたのですが、ボールがシンカー気味に落ちるようになりましたし、しっかり握ることでストレートと同じ腕の振りで投げられるようになっています」。

 こうして秋季大会では背番号1を与えられた中山投手。しかし、茨城大会の初戦と2戦目に先発したのは小島 拓也投手だった。「やっぱり悔しかったですね。『投げたい』と思っていましたし、『負けてはいられない』という気持ちになりました」。満を持しての先発となったのは準々決勝霞ヶ浦戦。

 この試合で中山投手は3安打1失点のナイスピッチングを見せる。「ストレートの感触が良かったので直球で押して、たまにチェンジアップという配球で上手く抑えることができました。試合の後半は打たれる気がしませんでしたね」。