第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】2019年02月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]エース番号を背に茨城大会を戦い、課題を見つける
[2] 納得の投球に向けて、ウエイトでレベルアップ!!

 前編では藤代のエース・中山 航藤代へ飛び込んだ理由や、昨夏の県大会で得られたことを語ってもらった。後編では、昨秋に着手したと語るフォーム改造について。そして関東大会での活躍などに本人に振り返ってもらいながら話を伺った。

「相手が強いほうが燃えます!」熱い気持ちで甲子園目指す 中山航(藤代)【前編】

エース番号を背に茨城大会を戦い、課題を見つける



中山航(藤代)

 昨秋にはフォーム改造に取り組んだ。「菊地一郎監督に見てもらって、左肩をやや下げて投げるように変えました。以前に比べるとかなり投げやすくなりましたし、ボールに角度もつくようになっています。それからリリースも前で離せるようになって、球威もコントロールも良くなりました」。

 参考にしているのは山岡 泰輔投手(オリックス)だ。「身長が172cmで自分と同じですし、左肩を下げて投げるフォームも同じなので。いずれは自分も山岡投手のように150キロを超えるストレートやキレの良いスライダーを投げてみたいです」。

 そこで、変化球の精度アップにも取り組んだ。「昨年の秋季大会からチェンジアップの握りを深くしたのですが、ボールがシンカー気味に落ちるようになりましたし、しっかり握ることでストレートと同じ腕の振りで投げられるようになっています」。

 こうして秋季大会では背番号1を与えられた中山投手。しかし、茨城大会の初戦と2戦目に先発したのは小島 拓也投手だった。「やっぱり悔しかったですね。『投げたい』と思っていましたし、『負けてはいられない』という気持ちになりました」。満を持しての先発となったのは準々決勝霞ヶ浦戦。

 この試合で中山投手は3安打1失点のナイスピッチングを見せる。「ストレートの感触が良かったので直球で押して、たまにチェンジアップという配球で上手く抑えることができました。試合の後半は打たれる気がしませんでしたね」。

【次のページ】 納得の投球に向けて、ウエイトでレベルアップ!!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中山航
中山航(なかやま・わたる)
  • ポジション:投手
  • 身長体重:172センチ67キロ
  • タイプ:右投右打
  • 藤代
【関連記事】
第225回 大会屈指の怪腕・鈴木寛人(霞ヶ浦) リズムを狂わせた先頭打者本塁打と甲子園の重圧【ドラフト特集コラム】
第951回 大会2日目は奥川、鈴木、井上、前らドラフト候補が続々登場!大会2日目4試合の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第950回 【第101回大会展望】星稜、智辯和歌山ら優勝候補がいきなり同ブロック!3回戦まで激戦の連続!【大会展望・総括コラム】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第9回 霞ヶ浦高等学校(茨城)【4年ぶり2回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第996回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第1018回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第1011回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第1012回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第1010回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
中山 航(藤代) 【選手名鑑】
春日部共栄 【高校別データ】
霞ヶ浦 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
藤代 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー