第898回 徳島の城島健司を目指して!チームを勝たせられる捕手を目指す!川端晃希 vol.32019年02月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]選手想いの監督の一声が背中を押した
[2]信頼される捕手となってNPBへ!


 今年から徳島インディゴソックスでプレーする大型捕手・川端晃希選手。大阪桐蔭から同志社大学、そしてJFE東日本と進んだ川端選手の野球人生に迫ったインタビューのvol.1では、野球を始めたきっかけから大阪桐蔭入学までを語ってもらった。vol.2では大阪桐蔭時代について語ってもらった。そして最終回は、同志社大学進学のキッカケと、今春からプレーする徳島インディゴソックスでの意気込みに迫った。

大阪桐蔭から徳島へ!期待の大型ルーキー・川端晃希が痛感した超名門の厳しさ vol.1
ハイレベルの環境が磨き上げた技術!川端晃希が大阪桐蔭で吸収した理論 vol.2

選手想いの監督の一声が背中を押した



同志社大時代の川端晃希選手

 常勝軍団・大阪桐蔭を率いる西谷浩一監督について、「今となっては凄い監督だった」と川端晃希選手は語るが、では普段の西谷監督はどうなのか聞くと、
 「当時は選手との距離は近かったです。特に会話を大事にされる方なので、選手の調子が悪いときには声をかけてくれましたね。キャッチャーをやっていたこともあったのでピッチャーの調子も逐一話をさせていただきました。」

 その西谷監督の後押しで川端選手は同志社大に進学した。
 「西谷先生は進路も大学の状況を調べて考えてくださっていて、自分の時もちょうど同志社大から捕手がいなくなる時期で、西谷先生からも行って来いと言われましたのでタイミングもよかったです。」

 ベストなタイミングの入学だった。2011年まで小林誠司(現・巨人)選手が不動の正捕手として活躍していた同志社大。小林選手が卒業のタイミングで、同志社大学に進学した川端選手はその後、リーグを代表する正捕手として活躍。大学3年生の春にベストナイン受賞、そして4年生では主将を務める。

 さらには日本代表の選考合宿に参加。多くの経験を積み、社会人ではJFE東日本に進む。1年目からHondaの補強選手として都市対抗に出場するなど、経験を積み続けた。

【次のページ】 信頼される捕手となってNPBへ!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

野村健太
川端 晃希(かわばた・こうき)
  • ポジション:捕手
  • 身長体重:178センチ85キロ
  • タイプ:右投右打
  • 大阪桐蔭-同志社大-JFE東日本-徳島インディゴソックス
【関連記事】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第937回 【大阪大会総括】混迷を極めた大阪大会を制したのは履正社!金光大阪など上位進出したチームを総括【大会展望・総括コラム】
第218回 200球の力投も及ばず。平均球速から測る大阪桐蔭のエース・中田 惟斗の成長ぶり【ドラフト特集コラム】
第7回 夏3連覇が潰えた大阪桐蔭。それでも随所に大阪桐蔭らしさは見せた!【101回大会特集】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー