第898回 徳島の城島健司を目指して!チームを勝たせられる捕手を目指す!川端晃希 vol.32019年02月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]選手想いの監督の一声が背中を押した
[2]信頼される捕手となってNPBへ!


 今年から徳島インディゴソックスでプレーする大型捕手・川端晃希選手。大阪桐蔭から同志社大学、そしてJFE東日本と進んだ川端選手の野球人生に迫ったインタビューのvol.1では、野球を始めたきっかけから大阪桐蔭入学までを語ってもらった。vol.2では大阪桐蔭時代について語ってもらった。そして最終回は、同志社大学進学のキッカケと、今春からプレーする徳島インディゴソックスでの意気込みに迫った。

大阪桐蔭から徳島へ!期待の大型ルーキー・川端晃希が痛感した超名門の厳しさ vol.1
ハイレベルの環境が磨き上げた技術!川端晃希が大阪桐蔭で吸収した理論 vol.2

選手想いの監督の一声が背中を押した



同志社大時代の川端晃希選手

 常勝軍団・大阪桐蔭を率いる西谷浩一監督について、「今となっては凄い監督だった」と川端晃希選手は語るが、では普段の西谷監督はどうなのか聞くと、
 「当時は選手との距離は近かったです。特に会話を大事にされる方なので、選手の調子が悪いときには声をかけてくれましたね。キャッチャーをやっていたこともあったのでピッチャーの調子も逐一話をさせていただきました。」

 その西谷監督の後押しで川端選手は同志社大に進学した。
 「西谷先生は進路も大学の状況を調べて考えてくださっていて、自分の時もちょうど同志社大から捕手がいなくなる時期で、西谷先生からも行って来いと言われましたのでタイミングもよかったです。」

 ベストなタイミングの入学だった。2011年まで小林誠司(現・巨人)選手が不動の正捕手として活躍していた同志社大。小林選手が卒業のタイミングで、同志社大学に進学した川端選手はその後、リーグを代表する正捕手として活躍。大学3年生の春にベストナイン受賞、そして4年生では主将を務める。

 さらには日本代表の選考合宿に参加。多くの経験を積み、社会人ではJFE東日本に進む。1年目からHondaの補強選手として都市対抗に出場するなど、経験を積み続けた。

【次のページ】 信頼される捕手となってNPBへ!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

野村健太
川端 晃希(かわばた・こうき)
  • ポジション:捕手
  • 身長体重:178センチ85キロ
  • タイプ:右投右打
  • 大阪桐蔭-同志社大-JFE東日本-徳島インディゴソックス
【関連記事】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第66回 史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件【名将たちの言葉】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー