第896回 ハイレベルの環境が磨き上げた技術!川端晃希が大阪桐蔭で吸収した捕手理論 vol.22019年02月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【大阪桐蔭時代の写真を含めたギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]大阪桐蔭で培った攻守の技術
[2]毎日の試合が川端晃希のレベルを引き上げた


 今年から徳島インディゴソックスでプレーする大型捕手・川端晃希選手。大阪桐蔭から同志社大学、そしてJFE東日本と進んだ川端選手の野球人生に迫ったインタビューのvol.1では、野球を始めたきっかけから大阪桐蔭入学までを語ってもらった。今回は大阪桐蔭時代にフォーカスしていく。

大阪桐蔭から徳島へ!期待の大型ルーキー・川端晃希が痛感した超名門の厳しさ vol.1

大阪桐蔭で培った攻守の技術



川端晃希選手

 聞いただけで圧倒される練習量をこなし続けた川端晃希選手は捕手出身。経験がモノをいうポジションだが、意外にも大阪桐蔭に入学してから本格的に取り組み始めた。
 「西谷先生からは配球に関する記事を頂いて、コーチの田中先生もキャッチャー出身の方なのでキャッチャーについて配球、技術とすべてにおいて1から教えていただきました。」

 川端選手自身も語っていたが、高校まで何も学んでいなかったからこそ持論がなく、素直に吸収することができた。
 具体的に配球の話を例に学んだことを聞くと、「投手の調子、データ、試合の状況の3つ大切にしていて、この3つをひっくるめた状況判断を大切にしています。簡単に言えばバッターそれぞれに3択問題があって、それが27回続くなかで当てはめていく感じです。」

 一方の打撃。大阪桐蔭といえば攻撃陣に注目が集まる中で、川端選手は当時中軸に座り強力打線を牽引した。首脳陣からどんなことを教わったのか、その技術論を聞くことができると思ったが返ってきた答えは意外だった。

 「打撃に関しては大阪桐蔭に入って指示されたことは無く自己流というか。ボールを強く叩けと言われたことはありますけど、フォームをこうしろとかは言われることは無かったので基本的に全員自己流だと思います。
 ただ西谷先生からは脱力を教えていただきました。バットを揺らす選手が多いと思うんですけど、あれを教えていただきました。そして鞭のようにバットをしならせてと言われました。」
 2018年の高校野球界を沸かせた大阪桐蔭のメンバーも、構える前に打席の中でやっていた仕草。それには明確な意図をもって取り組んでいたのだ。

【次のページ】 毎日の試合が川端晃希のレベルを引き上げた

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

野村健太
川端 晃希(かわばた・こうき)
  • ポジション:捕手
  • 身長体重:178センチ85キロ
  • タイプ:右投右打
  • 大阪桐蔭-同志社大-JFE東日本-徳島インディゴソックス
【関連記事】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第66回 史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件【名将たちの言葉】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー