目次

[1]ソフトボールから始まった川端晃希の野球人生
[2]大阪桐蔭のレベルの高い練習


 2019年、四国アイランドリーグplusに大型捕手が入ってきた。その選手の名は川端晃希。
 大阪桐蔭時代は2年生の時にベンチではあったが2010年の選抜甲子園に出場。同級生には西田 直斗(元阪神)、山足 達也(オリックス)。先輩には千葉ロッテマリーンズの江村 直也、1つ下には阪神タイガースの藤浪 晋太郎がいた。

 その後同志社大学では日本代表の候補選手に選ばれ、社会人ではJFE東日本でプレーをした川端。今年から四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに拠点を移し、ラストチャンスをかける川端の野球人生を振り返る。

ソフトボールから始まった川端晃希の野球人生


 「オーラがある」
 それが川端に感じた第一印象だ。大阪桐蔭、同志社大、JFE東日本とアマチュア野球の名門を第一線でプレーしてきた自信がトレーニングウェア越しからでもわかる。だがいざ話をすると物腰が柔らかい。
 そのギャップに少し驚きながら野球を始めた経緯から話を聞いてみた。

 「兄がソフトボールをやっていて、その試合を見に行った時にキャッチボールをしたことがきっかけです。」
 意外にも小学校を卒業するまではソフトボールをしていた川端選手。野球は中学校から大阪和泉シールズに入団してから本格的に始めた。

 ソフトボールから硬式野球に転向した当初はボールの大きさからマウンドの距離。何もかも違うことに苦戦を強いられた。特に困ったのが変化球だった。
 「カーブを見た時に全然ボールが来なかったので、尻餅をつくほど強振をしたのを覚えています。」

 笑みをこぼしながら当時を振り返ってくれた川端選手だが、このズレを解消するためにも平日はバッティング、土日は守備を中心に週4日の練習に取り組んだ。その練習の成果もあり、3年生の頃には3番打者としてチームを牽引。中学通算は10HRを記録し、一試合に2本ヒット放つのは当たり前だったと語ってくれた。

 自慢のバッティングで同じ地域のチームから注目を浴びた川端選手。そのおかげもあって、他のチームの保護者から「大阪桐蔭をみてこい。」と一言を受けて体験会に参加したことがきっかけで大阪桐蔭へ入学した。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。