第896回 大阪桐蔭から徳島へ!期待の大型ルーキー・川端晃希が痛感した超名門の厳しさ vol.12019年02月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ソフトボールから始まった川端晃希の野球人生
[2]大阪桐蔭のレベルの高い練習


 2019年、四国アイランドリーグplusに大型捕手が入ってきた。その選手の名は川端晃希。
 大阪桐蔭時代は2年生の時にベンチではあったが2010年の選抜甲子園に出場。同級生には西田 直斗(元阪神)、山足 達也(オリックス)。先輩には千葉ロッテマリーンズの江村 直也、1つ下には阪神タイガースの藤浪 晋太郎がいた。

 その後同志社大学では日本代表の候補選手に選ばれ、社会人ではJFE東日本でプレーをした川端。今年から四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに拠点を移し、ラストチャンスをかける川端の野球人生を振り返る。

ソフトボールから始まった川端晃希の野球人生



インタビューに答える川端晃希選手

 「オーラがある」
 それが川端に感じた第一印象だ。大阪桐蔭、同志社大、JFE東日本とアマチュア野球の名門を第一線でプレーしてきた自信がトレーニングウェア越しからでもわかる。だがいざ話をすると物腰が柔らかい。
 そのギャップに少し驚きながら野球を始めた経緯から話を聞いてみた。

 「兄がソフトボールをやっていて、その試合を見に行った時にキャッチボールをしたことがきっかけです。」
 意外にも小学校を卒業するまではソフトボールをしていた川端選手。野球は中学校から大阪和泉シールズに入団してから本格的に始めた。

 ソフトボールから硬式野球に転向した当初はボールの大きさからマウンドの距離。何もかも違うことに苦戦を強いられた。特に困ったのが変化球だった。
 「カーブを見た時に全然ボールが来なかったので、尻餅をつくほど強振をしたのを覚えています。」

 笑みをこぼしながら当時を振り返ってくれた川端選手だが、このズレを解消するためにも平日はバッティング、土日は守備を中心に週4日の練習に取り組んだ。その練習の成果もあり、3年生の頃には3番打者としてチームを牽引。中学通算は10HRを記録し、一試合に2本ヒット放つのは当たり前だったと語ってくれた。

 自慢のバッティングで同じ地域のチームから注目を浴びた川端選手。そのおかげもあって、他のチームの保護者から「大阪桐蔭をみてこい。」と一言を受けて体験会に参加したことがきっかけで大阪桐蔭へ入学した。

【次のページ】 大阪桐蔭のレベルの高い練習

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

野村健太
川端 晃希(かわばた・こうき)
  • ポジション:捕手
  • 身長体重:178センチ85キロ
  • タイプ:右投右打
  • 大阪桐蔭-同志社大-JFE東日本-徳島インディゴソックス
【関連記事】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
第1022回 夏は大阪の「強いチームを倒す」。近大泉州の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】【野球部訪問】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1135回 すべての過程をプラスにして。社会人屈指のホームランアーチスト・今川優馬が辿りついた打撃の答え【後編】 【2020年インタビュー】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1134回 JFE東日本のスラッガー・今川優馬が語る打撃理論はシンプルでも具体的だった! 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー