第896回 大阪桐蔭から徳島へ!期待の大型ルーキー・川端晃希が痛感した超名門の厳しさ vol.12019年02月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ソフトボールから始まった川端晃希の野球人生
[2]大阪桐蔭のレベルの高い練習


 2019年、四国アイランドリーグplusに大型捕手が入ってきた。その選手の名は川端晃希。
 大阪桐蔭時代は2年生の時にベンチではあったが2010年の選抜甲子園に出場。同級生には西田 直斗(元阪神)、山足 達也(オリックス)。先輩には千葉ロッテマリーンズの江村 直也、1つ下には阪神タイガースの藤浪 晋太郎がいた。

 その後同志社大学では日本代表の候補選手に選ばれ、社会人ではJFE東日本でプレーをした川端。今年から四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに拠点を移し、ラストチャンスをかける川端の野球人生を振り返る。

ソフトボールから始まった川端晃希の野球人生



インタビューに答える川端晃希選手

 「オーラがある」
 それが川端に感じた第一印象だ。大阪桐蔭、同志社大、JFE東日本とアマチュア野球の名門を第一線でプレーしてきた自信がトレーニングウェア越しからでもわかる。だがいざ話をすると物腰が柔らかい。
 そのギャップに少し驚きながら野球を始めた経緯から話を聞いてみた。

 「兄がソフトボールをやっていて、その試合を見に行った時にキャッチボールをしたことがきっかけです。」
 意外にも小学校を卒業するまではソフトボールをしていた川端選手。野球は中学校から大阪和泉シールズに入団してから本格的に始めた。

 ソフトボールから硬式野球に転向した当初はボールの大きさからマウンドの距離。何もかも違うことに苦戦を強いられた。特に困ったのが変化球だった。
 「カーブを見た時に全然ボールが来なかったので、尻餅をつくほど強振をしたのを覚えています。」

 笑みをこぼしながら当時を振り返ってくれた川端選手だが、このズレを解消するためにも平日はバッティング、土日は守備を中心に週4日の練習に取り組んだ。その練習の成果もあり、3年生の頃には3番打者としてチームを牽引。中学通算は10HRを記録し、一試合に2本ヒット放つのは当たり前だったと語ってくれた。

 自慢のバッティングで同じ地域のチームから注目を浴びた川端選手。そのおかげもあって、他のチームの保護者から「大阪桐蔭をみてこい。」と一言を受けて体験会に参加したことがきっかけで大阪桐蔭へ入学した。

【次のページ】 大阪桐蔭のレベルの高い練習

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

野村健太
川端 晃希(かわばた・こうき)
  • ポジション:捕手
  • 身長体重:178センチ85キロ
  • タイプ:右投右打
  • 大阪桐蔭-同志社大-JFE東日本-徳島インディゴソックス
【関連記事】
第224回 ~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!【ドラフト特集コラム】
第12回 世界トップレベルの剛腕・佐々木朗希(大船渡)の投球は誰もがワクワクするロマンが詰まっている【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第937回 【大阪大会総括】混迷を極めた大阪大会を制したのは履正社!金光大阪など上位進出したチームを総括【大会展望・総括コラム】
第218回 200球の力投も及ばず。平均球速から測る大阪桐蔭のエース・中田 惟斗の成長ぶり【ドラフト特集コラム】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー