目次

[1]野村を覚醒させた「減量」と「捕手寄りのポイント」
[2]ついに推定165メートル弾と甲子園で本塁打を打つまでに成長!

 第91回選抜高等学校野球大会の注目スラッガーとして名前が上がるのが山梨学院野村 健太だ。180センチ91キロの屈強な肉体、丸太のような腕っぷしから本塁打を量産。現在は高校通算34本塁打と、高校通算39本塁打を記録している石川 昂弥東邦)に次ぐ数字だ。

 吉田監督から「山梨のデスパイネ」と呼ばれている野村の成長の秘密をたどっていく。

野村を覚醒させた「減量」と「捕手寄りのポイント」


 今では全国レベルのスラッガーとして注目される野村だが、愛知衣浦シニア時代は4本塁打と特別優れた本数ではない。そして中学3年では清峰を甲子園優勝に導いた経験のある吉田監督に憧れ、山梨学院への進学を決める。

 入学後、まず野村が命じられたのは減量だ。マックスは99キロもあった。減量のために投手と同じメニューをこなし、来る日も来る日も走った。
 「ポール間を30本くらい走って、そこから野手の練習に入って、そこからまたピッチャーの方に呼ばれてトレーニングに入ったりしてました。めっちゃきつかったです。でもこのままではダメだと思いましたし、自分のためと思って、トレーニングをしてきました」

 またトレーニングだけではなく、ご飯の量を減らした。1日800グラムも食べられたが、今では一杯の半分くらいで、ふつうのお茶碗くらいの量に留めた。ご飯の量を減らした代わりに、魚の量を増やした。
 「自分は魚が好きなので魚を食べていました。魚はあんまり太らないということで。大好きなので、特に鮭が好きです」

 食事制限に加えて、ウエイトトレーニングで上半身を鍛えた。その甲斐もあって、90キロ前半まで減量。野村は体の切れが出てきたことで、長打力も出てきたことを実感した。そして2年生になって、スラッガーへ化けるきっかけが起こる。それは打つポイントを捕手寄りに変えたことだ。

 今までの野村は投手寄りと、前でボールを捉えていたが、それを、ボールを手元まで呼び込んで捕手寄りで打つことにした。高校生にとってはハイレベルな取り組みで、吉田監督も「プロなど高いレベルでプレーする選手にとっては当たり前の技術ですが、それは高校生にとって困難。ただ野村の場合、その困難な技術に立ち向かう意欲があったんですよね。だから打撃技術を教えるコーチの元に熱心に聞きに行っていました」と、野村の向上心の高さを評価する。

 野村は捕手寄りにしたメリットについてこう解説する。
 「ポイントが近いとファールにできたり、厳しいボールも合わせることができるのが利点だと思います」

 高度な打撃技術が実現できたのは1年時に取り組んだ減量が生きている。
 「身体を絞って、バットの出やすさ、腰の回転がすごく変わってスイングスピードもそれに伴って変わってきたと思うので、そこはすごく自分でも納得いくくらいまで来ていました」

 2年の4月まで10本程度だった本塁打は、2年生になってから量産体制に。そして飛距離も変わってきた。山梨学院の砂田球場の防球ネットを軽々と超える本塁打も多くなってきた。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。