目次

[1]徳島で手にした2つのウイニングショット
[2]魂のこもったピッチングで勝利を分かち合いたい!

 前回は鎌田光津希投手が取り組んできたフィジカルトレーニングと感覚のトレーニング。そしてプロで目指すタイトルについて語ってもらった。そして今回は、徳島インディゴソックス時代に身につけた2つの武器のことや、目指す投手像について語ってもらった。

 2桁勝利と新人王!徳島での1年間を胸に鎌田光津希は育成から這い上がる!

徳島で手にした2つのウイニングショット


 鎌田 光津希の持ち球は縦と横のスライダー、フォーク、そしてナックルカーブだ。この全てが決め球になると自負するが、中でもフォークは徳島インディゴソックスに入団してから磨かれた。
 「フォークは大学の時から投げていたのですが、徳島に行ってからフォームの修正をしたことと球速のアップがあって、キレと制度が良くなった」と話す。

 徳島に入団する前、左足がつく前に上体が反ってしまっていた鎌田投手の投球フォーム。そのせいでボールの出どころが打者から見えやすくなってしまい、自分の中で手ごたえがあってもバットに当てられてしまっていた。

 自慢のストレートをより活かすために、左足が着地の前に上体が反らないようにフォームを修正。イメージとすれば、根尾 昂大阪桐蔭-中日)に似たフォームといえばイメージがつきやすいだろう。その結果として腕がより鋭く振れるようになり、フォークのグレードがアップし決め球にまで昇華した。

 そして徳島に来てから手にした新たな武器がナックルカーブだった。
 「速い系の変化球しか持ってなかったので、120キロ前半とかの変化球が欲しかった時に石井さんから教わりました」

 緩急をつけることで投球の幅を広げる。さらに自慢のストレートをより際立てるために習得したナックルカーブ。まだ完成度は50%程度だと語るが、いずれは打者の胸元から鋭く落とせるようにしたいと考えている。

 今では鎌田投手の投球を支える武器を教えた石井貴前監督の指導はどんなものだったのかと聞いてみると、
 「そんなにピッチャーひとりひとりに対してあまり言うタイプではないので、 ピッチャーをじっくり観察して2つ3つくらいしか言わない。その指示が的確にくるので、そこだけ集中してやれば良かった。それが自分にとってやりやすかったですね。」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。