第890回 兵庫ナンバーワン右腕・藤本竜輝(社)を支える「笑顔のマウンドさばき」【前編】2019年02月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]確かな成長の跡を残した2018年秋
[2]小5で歩み始めた投手人生

 兵庫の公立の雄、の投手陣をけん引する藤本 竜輝。昨秋は自己最速スピードを2キロ更新する147キロをマーク。チームの県4強入りに大いに貢献した。2019年はいよいよ高校ラストイヤー。伸びしろがふんだんに残る逸材右腕に話を聞くべく、兵庫県加東市に位置する野球部グラウンドを訪れた。

確かな成長の跡を残した2018年秋



笑顔を見せる藤本竜輝(社)

 「こんにちは。よろしくお願いします!」
 練習用ユニフォームの上にウィンドブレーカーをまとい、気持ちのいい挨拶とともにバックネット裏の一室に登場した藤本。人懐っこい笑顔が印象的な17歳だ。

 昨秋の兵庫大会では、小野津名関西学院市立尼崎を退け、4強入りを果たした。準決勝で明石商に敗れた後に臨んだ報徳学園との3位決定戦では延長13回の死闘の末、惜敗。あと一歩の所で近畿大会出場を逃した。

 エースは、表情に悔しさを滲ませつつ、初めて背番号1を背負った昨秋の戦いを振り返った。
「準決勝の明石商戦と三位決定戦の報徳学園戦は緊張と焦りでバタバタしてしまって…。自信のあるフィールディングでもミスを重ねてしまい、自分から崩れた形になってしまった。力むクセがある、自分の悪い部分が出てしまいました」

 目標としていたセンバツ出場に導くことはできなかったが、成長の跡は残した。
 地区大会からフル回転した影響もあり、本来の調子とは程遠かった3回戦の関西学院戦では11安打、6失点を喫する一方で15三振を奪っての完投勝利。試合後半から変化球主体に切り替えるクレバーさと粘り強い投球は、投手としての進化を感じさせた。

 藤本は「夏から練習してきたチェンジアップを、初めて試合で使ったのが関西学院戦でした」と語った。
 「7回からチェンジアップを使い始めたのですが、明らかにバッターが戸惑っている印象で。万全の調子とは程遠く、ストレートが走らない中でなんとか粘って抑えられたのは間違いなくチェンジアップのおかげ。試合で使える目途が立ったことは大きな自信になりました」

 チェンジアップ以外の変化球の持ち球はカーブ、スライダー。現在はツーシームとフォークを習得中だ。
 「練習ではかなり投げられるようになってきました。春には試合で使えるようにしたいです」

 好きな言葉は「笑顔」と藤本。その理由もきちんと添えてくれた。
  「中学の頃からイライラした感情が表に出てしまうタイプだったんです。バックがエラーしてしまったり、自分の調子が悪かったりするとすぐに顔にイライラが出てしまって。周りに気を遣わせてしまうようなピッチャーだった。これじゃいけないと思いつつ、ポーカーフェイスを作るのはどうも難しくて。それならいっそ笑っちゃえと。笑顔を大切にしようじゃないかと」

 山本巧監督は「入学当時に比べ、マウンドさばきは格段によくなった」と証言した。
 「一年生の時はすぐにマウンドでカリカリきてましたが、どんどんマウンドでの立ち振る舞いがよくなっていった。技術面でもメンタル面でも『力んで』野球をやってきた選手でしたが、力みとの付き合い方がかなりうまくなった。勝てる投手としての土台が備わってきたと思います」

【次のページ】 小5で歩み始めた投手人生

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

藤本竜輝
藤本 竜輝(ふじもと・りゅうき)
  • ポジション:投手
  • 身長体重:181センチ74キロ
  • タイプ:右投右打
  • 兵庫教育大中-社
【関連記事】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第1005回 今年もたたき上げの精神で全国制覇を目指す明石商(兵庫)!直向きさが武器【野球部訪問】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第1098回 ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題 【2020年インタビュー】
第1095回 化け物クラスの投手へ 中森俊介(明石商)が求めるのは「柔軟性」。【後編】 【2020年インタビュー】
藤本 竜輝(社) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
市立尼崎 【高校別データ】
小野 【高校別データ】
小野 【高校別データ】
小野田工 【高校別データ】
関西学院 【高校別データ】
津名 【高校別データ】
社 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー