第883回 甲子園出場!国士舘を支える投手トリオの課題と収穫2019年01月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]それぞれが見つけた収穫と課題
[2]注目選手や因縁の相手を抑えて1勝を掴む!

 国士舘の秋季東京都大会優勝の原動力となった石橋 大心(以下:石橋)、白須 仁久(以下:白須)、山崎 晟弥(以下、山﨑)の3投手。選抜出場を受けて何を感じているのか。秋の大会を振り返ってもらいながら、話を聞いてみました!

それぞれが見つけた収穫と課題



左から白須 仁久、山崎 晟弥、石橋 大心投手

Q.正式に甲子園が決定しましたが、今の心境はいかがでしょうか?
石橋:正式に決まりましたが、これからしっかり切り替えて毎日の練習に打ち込みたいです。
白須:正式に決定したので、今まで以上に高い意識でこれからの練習に取り組めればと思っています
山﨑:甲子園が決まったので、残り2ヶ月でできることをしっかりやって、甲子園では悔いのないように全力投球で投げれればと思います。

Q.秋は3投手でリレーしましたが、大会を通じての反省はありましたでしょうか?

石橋:山﨑、白須に投げてもらっていて、自分は思ったような投球ができずに結果が出なかったです。もっとできると思っていたので悔しかったです。だからこそ甲子園に向けて2ヶ月でしっかりやっていきたいです。
白須:5回、6回あたりで失点してしまうことがあったので、今は走り込みもやりながら春には完投できるようにしたいと思っています。
山﨑:下半身を使えていないことを監督に指摘されているので、体重移動で投げられるようにしたいです。

Q.では逆に収穫は何かありましたか?
石橋:牽制の投げ方について注意されたことがありましたが、そこで修正できたのは良かったと思っています。
白須:変化球でストライクを取れたのは良かったと思います。
山﨑:秋は抑えだったのでいつでもいける準備をすることに慣れた、というのは良かったです。今後同じようなことになってもすぐにいける準備をして、しっかり抑えられるようにしたいです。

Q.この冬はどんな練習を中心に取り組んでいますか?
石橋:秋は腕の高さを含めて、全然フォームが固まらなかったので、今はしっかり固められるように練習をしています。
白須:秋はテイクバックが大きく上半身と下半身のタイミングが合わないことがあったので、テイクバックをコンパクトにしてリリースポイントを一定にしてコントロールを良くしようとしています。

【次のページ】 注目選手や因縁の相手を抑えて1勝を掴む!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第934回 西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第631回 思いを語りぶつけ合う、日誌こそが小山台野球、強さの秘訣 都立小山台(東京)【前編】【野球部訪問】
第914回 篠木、藤井など来年のドラフト候補生とスーパー1年生たちを徹底紹介!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
第913回 関東大会で評価を挙げた投手と野手は?注目選手のパフォーマンスを徹底分析!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
第912回 これからは複数投手制がトレンド。東海大相模、東海大菅生など関東大会出場校の投手運用を振り返る【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
第953回 確立されたロジカルを持つ理論派スラッガー・冨田洋佑の打撃の極意 【2019年インタビュー】
第944回 21人目の東京代表・黒川麟太朗(国士舘)が選抜で学んだ最短距離の大切さ 【2019年インタビュー】
第831回 試合を作り、決められる最高の1番打者へ 黒川 麟太朗(国士舘) 【2018年インタビュー】
第814回 都大会優勝・国士舘の1年生4番!黒澤孟朗が考える選抜に向けての課題とは? 【2018年インタビュー】
第803回 切磋琢磨した3年間を糧に飛躍を誓う!草薙柊太(国士舘高)【後編】 【2018年インタビュー】
石橋 大心(国士舘) 【選手名鑑】
国士舘 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー