第882回 一途にプロ入り目指す野球の求道者・上野響平(京都国際)【後編】2019年01月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]主将としてチームを引っ張り、初の近畿大会出場!
[2] ストイックに野球と向き合いチームの悲願達成へ

 秋の近畿大会に初出場した京都国際を引っ張るのが主将で1番遊撃手という大役を任されている上野響平(2年)だ。上野は巧みなバットコントロールと堅実な守備を買われて1年春からレギュラーとして活躍。卒業後は高卒でのプロ入りを目指している有望株だ。後編では、初出場を果たした近畿大会や目指す選手像などについて伺った。

主将としてチームを引っ張り、初の近畿大会出場!



上野響平(京都国際)

 新チームでは主将に就任。「自分の姿を見てみんなが動くので、率先して動いて声をかけるようにしています」と、主将として模範となる行動を常に心掛けている。チームメイトの意識が高いこともあり、「みんなが自分たちでやってくれているのでやりやすい環境ではあります」とここまでは大きく苦労することもないという。

 秋の京都大会では快進撃を見せた。準決勝では龍谷大平安を破り、初の近畿大会出場を決めた。「一つ上の先輩が春で負けていて、同じ相手に何回も負けるわけにはいかなかったので、勝って近畿大会も決められたので終わってからは安心しました」。一つの大きな壁を破り、チームとして新たな歴史を作った瞬間でもあった。

 始めて出場した近畿大会は明石商に逆転負け。「勝ち切れる試合を落としてしまったので、まだまだだなという気持ちでした」。チームは着実に強くなっていたが、甲子園出場するためにはまだ力が足りなかった。

 冬場は個々の能力を高める時期となる。上野は「打撃が足を引っ張っているので、打撃でも貢献できるようになりたいです」と打力強化に力を入れている。上野は身長170㎝体重65㎏と野球選手としては小柄な部類だ。「長打も単打も打てるように確率を上げていきたいです」と話すように、アベレージを残せるようになることが上で通用するには必要になってくるだろう。

 上野は3番や7番を経験することもあったが、新チームになってからは主に1番を任されている。上野が1番打者として意識していることは出塁率。「1番が出ることでチームが変わってくると思うので、その後の流れを作っているようにしています」と後続に繋げる打撃を心掛けている。

 打撃を課題にしている一方で上野が得意としているのが守備。特に際立つのが取ってからの速さだ。上野に守備力向上の秘訣を聞くと「ノックなどでやっていることが全てだと思うので、日々の練習で目標を立ててやっています」と答えてくれた。守備は日々の積み重ねであり、練習でやってきたことが全て試合で発揮されるのだという。

 現在、守備で取り組んでいることも聞いてみた。「確実性を上げるために股を割って送球まで繋げる入り方や送球を意識しています」。取れるアウトを確実にアウトにすることで守りの要としてチームを引っ張るつもりだ。

【次のページ】 ストイックに野球と向き合いチームの悲願達成へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

上野響平
上野響平(うえの・きょうへい)
  • ポジション:内野手
  • 身長体重:170センチ65キロ
  • タイプ:右投右打
  • 京都国際
【関連記事】
第910回 好投手擁する菰野、津田学園の三重県勢が有力か。浜松商、県岐阜商の伝統校復活も期待【大会展望・総括コラム】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第948回 驕ることなく地道に積み上げた鮮烈な甲子園デビューまでのルーツ 中森俊介(明石商)【前編】 【2019年インタビュー】
第948回 柳田悠岐2世を襲名し、2020年の高卒ドライチを狙う!来田涼斗(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第947回 今春の選抜の顔・来田涼斗(明石商)!今、明かされる小・中学時代の伝説!【前編】 【2019年インタビュー】
第869回 平成最後のセンバツ 高校野球ドットコムが選ぶベストナイン!【大会展望・総括コラム】
第867回 決勝に進むのはどの2チーム?4校が勝つパターンを徹底予想!【大会展望・総括コラム】
第867回 トーナメントで最も面白い準々決勝!激戦4試合のポイントを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第605回 勝つ確率の向上を呼び込む徹底力とフィジカルでまだ見ぬ景色は甲子園で見る!明石商【後編】【野球部訪問】
第926回 偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
京都国際 【高校別データ】
立命館宇治 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー