目次

[1]左腕・古波藏悠悟は練習の虫
[2]発展途上の右腕・石川愛斗

 沖縄水産といえば、秋の沖縄を制した原動力になった左右の2年生エース、國吉 吹上原 一帆を思い出されると思う。現在その左右のエースを追い、急成長している左右の1年生コンビがいるのはご存知だろうか?

 右腕の石川 愛斗(いしかわ まなと)と、左腕の古波藏 悠悟(こはぐら ゆうご)である。上原忠監督は、この2投手を、「誠実で練習熱心でよく出来ている」と評する。そんな、注目のニューフェイス、古波藏と石川の素顔に迫る。

左腕・古波藏悠悟は練習の虫



古波藏悠悟 投手

 古波藏が、沖縄水産を選んだのは、久米島西の先輩國吉 吹を追いかけてきたからだ。もちろん、憧れの投手は、國吉だ。ただし、古波藏はさらにその先の目標まで見据えている。

「僕はまだピッチャーとして全然成長していないと思うので、(國吉)吹さんのようなピッチャーになって、球速もまだないのでもっと球速をあげて、将来プロ野球選手になりたいです。松井 裕樹(東北楽天ゴールデンイーグルス)選手のようなピッチャーになりたいです」

 そう、古波藏のゴールは、プロ野球選手として活躍することだ。

 多くの高校生を取材してきたが、1年生で「プロ野球選手になる」という目標を堂々と話せる選手もそんなにいない。文字だけ見ると、ビックマウスのように見えるが、実際に話すと全く違う印象を持つ。本当に野球が好きで、野球の全てが知りたい、そして高いレベルでの野球もしたい!と野球に対する真摯に取り組む姿勢が見える。言うなれば、子供の頃の気持ちをそのまま持ち続けているのが古波藏である。

 上原監督が教えてくれた興味深いエピソードがある。

「隣の違う選手に教えたりすると、すりよって聞いていたりするんですよ。研究熱心です。真面目だしとってもいいです。」

 本当に野球が好きで、上手くなりたいという気持ちが強いのである。また、古波藏の良い点はそれを隠さずに、どんどん向かっていくところである。上原監督に、「あいつは、練習をこっちが止めないといけないんで」と言わせるほどの練習の虫である。

 野球に真摯に向き合い、そして頭でっかちにならずに、好きな野球をどんどん実行していく。「好きこそものの上手なれ」とは古波藏への言葉だろう。

 現在、下半身強化を意識している古波藏、球速も上がってきていると感じている。「まっすぐで押して最後はスライダーなど変化球なので三振を取りたいです」と語ってくれた。そんな投手に、着実に近づいている。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。