第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地2019年01月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]強打の二塁手へ
[2]大舞台の経験を活かす

 「高校野球は経験がものをいう。春夏連覇した時も、1年から試合を経験している子が多かった。」島袋 洋奨をエースに全国の頂点に立った代についての我喜屋優(がきや・まさる)監督の言葉である。そういう意味では根路銘 太希(ねろめ・たいき)もまた、1年の夏から甲子園の大舞台を経験している選手である。離島・伊江島出身の根路銘の現在地に迫る。

強打の二塁手へ



根路銘 太希(興南)

 根路銘の憧れるプロ野球選手は、山田 哲人(東京ヤクルトスワローズ)だ。その理由を「セカンドで、強打者で、ホームランや長打も打てるあこがれの選手です」と話してくれた。

 強打の二塁手に向けて、根路銘が目標とするのは
「長打でのチャンスメイク」と「どこの方向にも長打が打てる」だ。

 そのために現在、根路銘が取り組んでいることは、「逆方向に長打を打てること」である。これは、チーム全体で取り組んでいることと同じだが、根路銘ももちろんその重要性を理解して練習に向き合っている。練習方法はシンプルで、緩い球をしっかり逆方向に打つ練習を繰り返している。 実際効果も感じていて、「紅白戦でも逆方向に強い打球が行くようになりました」と力強く話してくれた。

 強い打球が飛ぶようになる、もう一つの理由としては、この冬場に着実に筋力をつけているのも影響しているだろう。目標体重の70kgまで後、3kgと着実に体重も上げてきている。フィジカル面、技術面を磨くことで、逆方向に強い打球を飛ばせるように進化している。

 長打という部分に話が行ったが、根路銘の一番の魅力は走塁だろう。

 根路銘のベースランニング一周のタイムは14秒台後半になる。14秒台は十分に俊足のレベルに入る。このタイムは単純に足が早いというだけでなく、根路銘の走塁技術の高さを示している。ベースを駆け抜ける際に、スピードを落とさずに駆け抜けられるかなど、多くの技術の上に成り立っている。

 そんな俊足の根路銘が常に意識していることは、走塁で相手にプレッシャーをかけることだ。

「積極的に次の塁を狙っています」
 「塁に出た時には、ピッチャーにプレッシャーを与えるように、大きくリードをとって、バッターだったら、内野ゴロ打った際にも、全力ダッシュで守備にプレッシャーをかけます」

 根路銘の走力に、この冬磨いている長打力がつくと、対戦する相手にとっては嫌らしい打者に違いない。

【次のページ】 大舞台の経験を活かす

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

根路銘 太希(興南)
根路銘 太希(ねろめ たいき)
  • ポジション:二塁手
  • 身長:167センチ67キロ
  • タイプ:右投左打
  • 興南
【関連記事】
第27回 大人の野球を体現した春夏連覇のメンバー 我喜屋優監督(興南)【名将たちの言葉】
第25回 興南野球部恒例「1分間スピーチ」に込められた思い 我喜屋優監督(興南)【名将たちの言葉】
第23回 ミスを事前に刈り取れる人間力 我喜屋優監督(興南)vol.5【名将たちの言葉】
第22回 実戦、人間力の作り方 我喜屋優監督(興南)vol.4【名将たちの言葉】
第21回 人間力は掛け算 我喜屋優監督(興南)vol.3【名将たちの言葉】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」 【2019年インタビュー】
第878回 目標とする小園、根尾のようなショートになるために 勝連 大稀(興南)【後編】 【2019年インタビュー】
第877回 質のいい基礎を追求し全国で通用するショートに 勝連 大稀(興南)【前編】 【2019年インタビュー】
根路銘 太希(興南) 【選手名鑑】
興南 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー