目次

[1]上原大那が求めるのは基礎がしっかりとした選手
[2]川端琉一朗・攻撃型2番バッターになるために!

 上原忠監督に野手陣について話を聞くと、真っ先に上げてくれたのが上原 大那(うえはらだいな・遊撃手)・川端 琉一朗(かわばたりゅういちろう・二塁手)の名前だ。「一番、ショートの上原はオールマイティで、守り、バッティング、バント、走塁、全てが二重丸。僕は一番いい選手がいつも一番バッターです」「川端は2番です、長打が打てるので最初3番だったんですか、バントもでき器用なので、2番にあげたんですよ」
 攻守にチームを引っ張る二人について、上原監督の評価は非常に高い。そんな上原・川端、両選手に、話を伺った。

上原大那が求めるのは基礎がしっかりとした選手



遊撃手・上原大那(沖縄水産)

 上原監督も、一番良い選手と一目置く上原(大)だが、この冬取り組んでいるのは体幹と下半身の強化である。

 「下半身や体幹を鍛えて、しっかり軸で打ったり、守ったりできるようになりたいです」

 特別なことでなく、きちんと基礎となる土台のレベルアップを意識している。

 この基礎を疎かにしないことこそ、上原(大)の最大の強みだろう。基本をしっかりと抑えないと、後々の応用を必要とするプレーで、誤魔化しのプレーや雑さが出てしまうのを理解しているのである。

 上原(大)に目標とするプロ野球選手を聞いてみると、
 「源田(壮亮・埼玉西武ライオンズ)選手です。基本がしっかりしているからです」
と答えてくれた。

関連記事
源田壮亮「自分の長所を知り伸ばし続けた守備の道」

 やはり!と思わせる答えだった。

 最後に、「バッティングで毎試合ヒットを打って、守備ではピッチャーを助けられるプレイヤーになりたいです」と語ってくれた上原(大)。 

 基本から意識している上原(大)ならば、そんなプレーヤーになれるに違いない。グランドを縦横無尽に駆け回り、基礎があるからこそできる、応用(ファインプレー)を試合で沢山見せてくれることを期待したい。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。