第880回 沖縄水産が誇る注目の二遊間の課題!上原 大那・川端 琉一朗2019年01月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]上原大那が求めるのは基礎がしっかりとした選手
[2]川端琉一朗・攻撃型2番バッターになるために!

 上原忠監督に野手陣について話を聞くと、真っ先に上げてくれたのが上原 大那(うえはらだいな・遊撃手)・川端 琉一朗(かわばたりゅういちろう・二塁手)の名前だ。「一番、ショートの上原はオールマイティで、守り、バッティング、バント、走塁、全てが二重丸。僕は一番いい選手がいつも一番バッターです」「川端は2番です、長打が打てるので最初3番だったんですか、バントもでき器用なので、2番にあげたんですよ」
 攻守にチームを引っ張る二人について、上原監督の評価は非常に高い。そんな上原・川端、両選手に、話を伺った。

上原大那が求めるのは基礎がしっかりとした選手



遊撃手・上原大那(沖縄水産)

 上原監督も、一番良い選手と一目置く上原(大)だが、この冬取り組んでいるのは体幹と下半身の強化である。

 「下半身や体幹を鍛えて、しっかり軸で打ったり、守ったりできるようになりたいです」

 特別なことでなく、きちんと基礎となる土台のレベルアップを意識している。

 この基礎を疎かにしないことこそ、上原(大)の最大の強みだろう。基本をしっかりと抑えないと、後々の応用を必要とするプレーで、誤魔化しのプレーや雑さが出てしまうのを理解しているのである。

 上原(大)に目標とするプロ野球選手を聞いてみると、
 「源田(壮亮・埼玉西武ライオンズ)選手です。基本がしっかりしているからです」
と答えてくれた。

関連記事
源田壮亮「自分の長所を知り伸ばし続けた守備の道」

 やはり!と思わせる答えだった。

 最後に、「バッティングで毎試合ヒットを打って、守備ではピッチャーを助けられるプレイヤーになりたいです」と語ってくれた上原(大)。 

 基本から意識している上原(大)ならば、そんなプレーヤーになれるに違いない。グランドを縦横無尽に駆け回り、基礎があるからこそできる、応用(ファインプレー)を試合で沢山見せてくれることを期待したい。

【次のページ】 川端琉一朗・攻撃型2番バッターになるために!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

上原大那(沖縄水産)
上原 大那 (うえはら だいな)
  • ポジション:遊撃手
  • タイプ:右投右打
  • 沖縄水産

プロフィール

川端琉一朗(沖縄水産)
川端 琉一朗(かわばた りゅういちろう)
  • ポジション:二塁手
  • タイプ:右投左打
  • 沖縄水産
【関連記事】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第847回 シード校も油断大敵!沖縄は春から熱戦の予感【大会展望・総括コラム】
第880回 急成長を見せる期待の140キロ一年生コンビ!古波藏 悠悟・石川 愛斗(沖縄水産) 【2019年インタビュー】
第540回 「新生・沖縄水産」は競争と心の成長で甲子園まで駆け上がる!沖縄水産(沖縄)【後編】【野球部訪問】
第876回 投手として打者として活躍目指す上原 一帆(沖縄水産)のレベルアップの冬【後編】 【2019年インタビュー】
第879回 自他ともに認めるスローイング・金良キャノンに注目! 金良 涼介(沖縄水産) 【2019年インタビュー】
第78回 名門復活を陰で支える女子マネージャーたち 強みは「パワフルさ」と「細やかさ」沖縄水産(沖縄)【頑張る!マネージャー】
第875回 笑顔あふれる野球小僧・上原 一帆(沖縄水産)の魅力は考える力【前編】 【2019年インタビュー】
第536回 上原流の柔軟な指導方針がチームに変革をもたらす!沖縄水産(沖縄)【前編】【野球部訪問】
第876回 最速142キロ右腕の最大の武器は安定したメンタル! 國吉 吹(沖縄水産) 【2019年インタビュー】
上原 大那(沖縄水産) 【選手名鑑】
川端 琉一朗(沖縄水産) 【選手名鑑】
沖縄水産 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー