目次

[1]目的を持ったベースランニング
[2]小園、根尾のようなショートになるために


小園、根尾のようなショートになるために



全国で通用するプレーヤーを目指す勝連 大稀(興南)

 勝連が目標とする選手は、小園 海斗報徳学園:広島東洋カープ・ドラフト1位)と根尾 昂大阪桐蔭:中日ドラゴンズ・ドラフト1位)だ。両選手の素早い動きとチームを引っ張っていく姿こそ、勝連の目標とする全国で通用するプレーヤーの姿である。

 勝連と2人の接点は、甲子園100回大会になる。小園と根尾の体つきを実際に見て、体作りの重要性を理解した。そしてこの冬、肉体改造に着手している。現在の体重は65キロ、すでに冬場で3キロ増えている。目標とする70キロに着実に近づいている。

 ここにも勝連らしさが出ている、試合以外でもアンテナをはり、小さな気付きから目標を決め、実行している。

 最後に、勝連が自身のプレーヤーとしての目標を話してくれた。

「チームを引っ張っていけるような守備をして、声がけも他のポジションに(対して)もできるようにしたいです。バッティングでもチームに貢献できるような選手になりたいです」

 勝連は自身で目的・計画が作れる大人の選手である。なりたいプレーヤー像があれば、きっとそこまで到達するのが勝連なのであろう。夏までにどのような選手になっているのか、期待したい。

取材後記
インタビュー中も非常に受け答えがしっかりしていて、自分の言葉で返せる選手だった。砂川太コーチ(副部長)も「彼は真面目で受け答えもきちっとするタイプです」と話してくれた。自分の言葉でアウトプットできる選手がいる。これも興南の強さの秘訣だろう。

文=田中 実

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。