第878回 目標とする小園、根尾のようなショートになるために 勝連 大稀(興南)【後編】2019年01月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]目的を持ったベースランニング
[2]小園、根尾のようなショートになるために

 昨夏の甲子園で、球に逆らわないバッティングで広角に鮮やかなヒットを放ち、8打数5安打と結果を残し、守備でも好守でチームに貢献したことは記憶に新しい。そんな勝連 大稀(かつれん・ひろき)の、走攻守に迫る。

 前編では、勝連 大稀(かつれん ひろき)の打撃と守備について書かせてもらった。後編では走塁になる。

質のいい基礎を追求し全国で通用するショートに 勝連 大稀(興南)【前編】

目的を持ったベースランニング



アップをする興南の選手たち

 勝連が大切にしているのは、ベースランニングだ。これもまた基本練習の一つになる。

 そのベースランニングで勝連が意識していることは、「初速のスピードをいかに早くするか」、「ベースを駆け抜ける際はいかにスピードを落とさないか」の2点である。

 もちろん、この練習前に勝連は、目的を設定している。

「走塁は一歩目のスタートが大切と自分では思っています。セカンドからホームに変える際に、(ヒットが)一本出て帰れるか帰れないかで試合が大きく左右されるということが地区大会でもありました。一歩目のスタートを上手く切れるようにして、一発で帰れる走塁ができるようにしたいです」

 これが、ベースランニングの目的である。目的をもって取り組むからこそ、練習をより効果的に行え、また修正ができる。これこそが、勝連の一貫したアプローチの仕方だ。

 我喜屋優(がきや・まさる)監督が求めているのは大人のチームである。

 大人とは、
 「計画・実行力・自分のやっていることのチェック、省みること、よし明日はこれで行こうという、この4つがあれば大人です」
と我喜屋監督が話してくれた。

 そういう意味では、勝連は「大人の選手」である。

【次のページ】 小園、根尾のようなショートになるために

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

勝連大稀
勝連 大稀(かつれん ひろき)
  • ポジション:遊撃手
  • 身長:175センチ65キロ
  • タイプ:右投左打
  • 興南
【関連記事】
第883回 平成最後の九州王者になるのは!?出場18校の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
第202回 奥川、西はどのような投球を見せたのか?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第201回 佐々木、及川の実力は?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【東日本編】【ドラフト特集コラム】
第847回 シード校も油断大敵!沖縄は春から熱戦の予感【大会展望・総括コラム】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」 【2019年インタビュー】
第877回 質のいい基礎を追求し全国で通用するショートに 勝連 大稀(興南)【前編】 【2019年インタビュー】
勝連 大稀(興南) 【選手名鑑】
興南 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー