第877回 質のいい基礎を追求し全国で通用するショートに 勝連 大稀(興南)【前編】2019年01月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]基本練習を目的をもって取り組む
[2]基本の守備練習から意識する質

 昨夏の甲子園で、球に逆らわないバッティングで広角に鮮やかなヒットを放ち、8打数5安打と結果を残し、守備でも好守でチームに貢献したことは記憶に新しい。そんな勝連 大稀(かつれん・ひろき)の、走攻守に迫る。

基本練習を目的をもって取り組む



バットを担ぐ勝連 大稀(興南)

 勝連の強みは、基本となる練習を大切にする点だろう。大切にすると言っても、数を多くやるなどではなく、とにかく質を重要視している。

 どのように練習を本番と同じ状態に持っていけるのか?
 どれだけ中身の濃い練習に昇華できるのか?

 目新しい練習をするわけではなく、ごくごく基本的な練習の中に質を追求するのである。それは勝連の言葉の端々から伝わる一貫した考え方である。

 では、打撃・守備・走塁とそれぞれのパートでの練習内容を見てみよう。

目的のある素振り



ヒットを放つ勝連 大稀(興南)

 まず、打撃練習に追いて勝連が重要視しているのは「素振り」だ。

「特に変わったことはしてないのですが、素振りを全力で振るということを心がけています。ボールは打ってないのですけども、素振りの中でもここにボールがあるなとイメージして、自分が思ったところを振れるようにしています」

 実際のボールをイメージして素振りしていることは理解できると思う。ただし、勝連はもう一歩進んで考えている。

 「スコアリングポジションでランナーがいた時に必ず返せるような、高打率を残せてまた長打も打てるような、そんなバッターになりたいです。勝負強いバッティングができるようになりたいです」

 と語ってくれたように、勝連の目標は、「勝負強いバッティング」である。その勝負強い打者になるために、「スイングスピードを上げることとミート力を磨いていきたい」と話してくれた。

 実は、素振りの前に、この目標設定をしているというのが勝連らしさなのである。

 実際のボールをイメージしながらの素振り、という点は確かであるが、勝連はその上で、「スイングスピードとミート力を上げる」というところに意識をおいて、素振りをしているのである。意識がおいてあるかどうかで、効果は大きく変わる。そこが勝連の凄さである。

 勝負強いバッティングということならば、試合の状況設定もしているかもしれない。勝連は、素振りをここまで昇華して、質を上げているのである。勝連の素振りは、「目的のある素振り」である。

【次のページ】 基本の守備練習から意識する質

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

勝連大稀
勝連 大稀(かつれん ひろき)
  • ポジション:遊撃手
  • 身長:175センチ65キロ
  • タイプ:右投左打
  • 興南
【関連記事】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第7回 2019年沖縄の高校野球は『燃』えるような試合ばかり!漢字一文字で1年間を総括!【沖縄の高校野球】
第999回 小さな学校大きな夢! 21世紀枠九州地区代表・本部高校(沖縄)【野球部訪問】
第6回 沖縄担当・當山雅通が選ぶ、2019年沖縄県高校野球ベストゲーム!【沖縄の高校野球】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
勝連 大稀(興南) 【選手名鑑】
興南 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー