目次

[1]宮城が取り組んでいる課題
[2]さらなる成長に期待

 前編では興南エース・宮城 大弥(みやぎ ひろや)が新チーム結成時から意識してきたこと。そして意識が変化したことで学んだことを語ってもらった。後編では宮城投手が今、直面している課題をどう取り組んでいるのか。その姿勢に迫る。

進化を止めない注目左腕・宮城 大弥(興南)【前編】~チームを引っ張る立場になり見えた、やるべきことをやれば勝てる~

宮城が取り組んでいる課題



ブルペンでの宮城 大弥投手

 前編では宮城 大弥の見えない部分での変化について書いてきた。ここからは見える部分の宮城についても触れていきたい。

 左腕から繰り出すストレートは最速145キロ、変化球はカーブ、スライダー、チャンジアップを操る。そんな宮城が今取り組んでいる課題が2つある。

 1つ目は、それぞれの球種のレベルアップである。

「ストレートは、自分が一年の時に目標としていたマックスが150キロなので、まずはそれに近づけることです。変化球は、一つ一つのキレをレベルアップさせたら、自分のピッチングの幅も広がると思うので、それぞれの変化球をレベルアップさせていきたいというのはあります」

 それぞれの球種の底上げにより、いかにバッターを簡単に打ち取れるかを追求している。

 2つ目は、ピッチングの強弱だ。

「ピンチの場面でしっかりギアを上げて抑えられる練習をしていかないといけないと思います」

 この目標は、宮城の試合経験がら来ている。九州大会で試合後半で体力が落ちてきたという経験から、試合を通して投げぬくためのペースや、力を入れる所、抜く所の強弱を意識している。

 これこそ、我喜屋優(がきや まさる)監督が言う、何が必要かを試合で学んでいるということだろう。

 宮城は明確な目標のもと、この冬を過ごしている。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。