第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」2019年01月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]楽しいなかにも緊張感があった大学生の練習から学ぶ
[2]甲子園では札幌大谷にリベンジして奥川と投げ合いたい

 昨年11月に行われた明治神宮野球大会で、ベスト4に進出した筑陽学園。選抜甲子園への初切符も手にし、初出場での上位進出に期待が高まっている。
 今回は、そんな筑陽学園の投手陣の中で、最速144キロの直球を武器に明治神宮野球大会ベスト4に大きく貢献した西舘 昂汰投手に独占インタビューを行い、入学後の道のりから神宮大会までを振り返っていただいた。

楽しいなかにも緊張感があった大学生の練習から学ぶ



キャッチボールを行う西舘昂汰(筑陽学園)

―― 神宮大会はお疲れ様でした。今日はよろしくお願いします!それではまず筑陽学園に入った理由から教えてください。

西舘昂汰(以下、西舘) 中学生の頃は、二日市ボーイズというチームでプレーしていましたが、村山コーチという投手コーチに声をかけてもらったのがきっかけです。投球を見ていただいて、その後、監督の江口先生にも見ていただき、「きてくれ」と誘っていただきました。

―― いざ筑陽学園に入学して、どんなことを感じましたか?

西舘 最初は先輩が怖くて、慣れるまでは怒られてばっかりでした。でも慣れてからは本当に優しくて、コミュニケーションを取っていく中で楽しくなりました。野球のレベルが高くて(始めは)高校野球で通用する自信は全くなかったです。

―― 自信が無い中で、入学してからはどんな課題をもって練習に取り組みましたか?

西舘 体を大きくすることを先生から指摘されていたので、食べる量を倍にすることやプロテインの量を変えました。入ったときはスピードが遅かったので、上げるために体幹やスクワットに取り組みました。64キロから83キロまで体重が増えました。

―― なるほど!そんな西舘投手の持ち味はどんなところだと考えていますか?

西舘 身長が高く、手足が長いので打者がタイミングを取りづらいこと、変化球でカウントを取れることです。真っ直ぐに頼りすぎる部分があるので変化球をうまく織り交ぜることを意識してます。ストレートのMAXは144キロです。一番得意なボールは真っ直ぐです。

―― その合宿の成果として、秋季福岡県大会では優勝することが出来ました。印象に残っている試合はありますか?

西舘 1年生の時に3年生との遠征に参加させてもらったときです。9回の裏、4点リードの場面から投げて5点取られてしまったときです。この試合を潰してしまった経験が糧になっています。

―― 新チームが始まって最初の公式戦の福岡地区高等学校新人野球大会では福岡工大城東に2回戦で敗れました。敗退後はメンバーのみで合宿を行ったそうですね。

西舘 負けた後は、監督の江口先生から雰囲気づくりを大事にしろと言われました。大学の練習を見た時に、オンとオフの切り替えがはっきりしていたことが印象に残っています。楽しいなかにも緊張感があって自分たちも真似していきたいと思います。

【次のページ】 甲子園では札幌大谷にリベンジして奥川と投げ合いたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

西舘 昂汰
西舘 昂汰(にしだて・こうた)
  • ポジション:投手
  • 身長体重:187センチ83キロ
  • タイプ:右投右打
  • 二日市ボーイズ-筑陽学園
【関連記事】
第922回 盤石の選手が揃う興南を倒すのはどこだ?!対抗馬・北山のブロックは実力校が続々登場!【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第10回 知念(沖縄県)「沖縄に知念旋風を巻き起こし、学校創立初の甲子園へ!」【僕らの熱い夏2019】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第57回 「考える野球」の土台は日常生活の中で作られる 杉山繁俊監督(東海大福岡)【後編】【名将たちの言葉】
第56回 柔軟で緻密、そして「考える」ことこそが杉山野球の真髄 杉山繁俊監督(東海大福岡)【前編】【名将たちの言葉】
第910回 札幌大谷(北海道)西原・飯田バッテリーが語る、選抜への意気込み! 【2019年インタビュー】
第908回 向上心の中に垣間見える謙虚さが魅力 藤田和揮(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
西舘 昂汰(筑陽学園) 【選手名鑑】
興南 【高校別データ】
札幌大谷 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
福岡工大城東 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー