第866回 身体能力抜群の2年生スラッガー・海老根優大(京葉ボーイズ)U-15代表入りへ決意を語る2019年01月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]今年は京葉ボーイズ初のジャイアンツカップを目指す
[2]自分もU-15代表に!小、中学の先輩・齋藤広空を強く意識


 2018年3月に行われた第48回日本少年野球春季全国大会で準優勝に輝いた京葉ボーイズ。その中でひと際大きな存在感を放った2年生スラッガーがいた。それが海老根優大選手だ。180センチ、80キロという恵まれた体格から放たれる打球はスタンドの度肝を抜き、加えて俊足に強肩と高い身体能力を披露して関係者にも大きなインパクトを与えた。
 今回はそんな海老根選手に独占インタビューを行い、現在の持ち味や高校野球での目標について迫った。

今年は京葉ボーイズ初のジャイアンツカップを目指す



海老根優大(京葉ボーイズ)

―― 今日はよろしくお願いします。それではまず、海老根選手の持ち味を教えてください。

海老根優大(以下、海老根) 持ち味は遠くに飛ばせて走れることです。前のチームでは1番を打っていたのですが、今は4番を打ってます。また100メートル走は11秒台で走れます。

―― 中学野球ではこれまでにホームランは何本打っていますか?

海老根 練習試合もあわせて14本打ってます。

―― ポジションはどこを守っていますか?

海老根 基本的にはセンターですね。守っているときは、セカンドランナーをヒットで返さないということは強く意識してます。送球には自信があるので、高校でも持ち味としていきたいです。
 たまにショートもやりますが、どこのポジションも楽しいのでこだわりは無いです。

―― これまでに印象に残っている試合はありますか?

海老根 春の全国大会ですね。ホームランを打ったことが一番印象に残ってます。

―― 中学野球では何本くらいホームランを打ちたいですか?

海老根 中学ではできれば40本は打ちたいです。ただ、監督には打率も残せと言われていて、8割から9割は打てと言われています。

―― 高い目標ですね!ではチームとしての目標も教えてください。

海老根 京葉ボーイズはまだジャイアンツカップに出たことがないのでジャイアンツカップに出場して優勝することです。

【次のページ】 自分もU-15代表に!小、中学の先輩・齋藤広空を強く意識

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

海老根優大
海老根 優大(えびね・ゆうだい)
  • ポジション:外野手
  • 身長体重:180センチ80キロ
  • タイプ:右投右打
  • マリーンズジュニア-京葉ボーイズ
【関連記事】
第963回 松坂を育てた指揮官も絶賛!関東きっての韋駄天 今井海斗(東京城南ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第18回 「心気体技」で全国屈指の強豪に!「肉食系」の男たちを目指す京葉ボーイズの取り組みに迫る!【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第850回 卓越した守備力でU-15日本代表入り!齋藤広空(京葉ボーイズ)の「守備美学」に迫る! 【2018年インタビュー】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー