第863回 重圧の中でも投げ勝つ!最速145キロ右腕・遠藤慎也(京都翔英)が強豪相手に見つけた収穫と課題【前編】2019年01月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]恩師の「ウチで甲子園を目指してみないか」の一言が決め手
[2]大阪桐蔭を前に格の違いを見せつけられる

 最速145㎞のストレートを投げる本格派右腕の遠藤 慎也。中学時代は決して目立つような投手ではなかったが、京都翔英入学後に急成長。京都でも屈指の好投手として名を馳せるようになった。遠藤が京都翔英で成長した要因とはいったい何なのか。彼のこれまでの野球人生を振り返ってもらいながらその真相に迫る。

恩師の「ウチで甲子園を目指してみないか」の一言が決め手



遠藤 慎也

―― 野球を始めたきっかけは何ですか?

遠藤慎也(以下、遠藤) 父がずっと野球をやっていた影響が大きいと思います。物心ついた時から父の草野球に連れて行ってもらったり、プロ野球を観に連れてもらったり毎日が野球の生活だったので、それがきっかけだったと思います。地元が愛知県なのでナゴヤドームの中日戦をよく観に行っていました。

―― 投手はいつから始めましたか?

遠藤 元々はショートだったのですが、小学校5年生の時にピッチャーをやっていた子のコントロールが荒れてしまいました。その代わりに投げたら案外、抑えられたので、それから「ピッチャーやったらどう?」と言われて始めました。

―― 元から肩には自信はあったのでしょうか?

遠藤 周りよりは少し強かったと思います。家ではずっとチューブトレーニングをやっていました。

―― 中学はどのチームでやっていましたか?

遠藤 尾張ボーイズです。そこではずっとピッチャーをやっていました。ほとんどの大会が1回戦負けだったので、そこまでのレベルではなかったと思います。当時の球速は130㎞も出ていなくて、120㎞台後半でした。

―― 京都翔英に進んだ理由を教えてください

遠藤 中学2年生の秋頃だったと思うんですけど、浅井(敬由元監督)先生から声をかけられて、京都翔英の名前を初めて耳にしました。行きたかった高校のセレクションに落ちてどうしようとなった時も浅井先生は気にかけて下さっていました。京都翔英に入ろうと思ったのは浅井先生がきっかけです。 

―― 浅井先生からはどんな風に誘われたんですか?

遠藤 「ウチで甲子園を目指してみないか」という一言でした。3年生の8月には京都翔英に行くと決めていたので、浅井先生が亡くなられても迷いはなかったです。

【次のページ】 大阪桐蔭を前に格の違いを見せつけられる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

クリス・テイラー
遠藤 慎也(えんどう・しんや)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 京都翔英
【関連記事】
第623回 強豪との対戦で深めた自信、名門復活を懸けて京都外大西(京都)は夏に向かう【前編】【野球部訪問】
第910回 好投手擁する菰野、津田学園の三重県勢が有力か。浜松商、県岐阜商の伝統校復活も期待【大会展望・総括コラム】
第940回 強打で掴んだタイガースカップ敢闘賞 沖寛太(紀州ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第867回 トーナメントで最も面白い準々決勝!激戦4試合のポイントを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第863回 明豊vs札幌大谷など試合のレベルが一気にグレードアップ!大会7日目の見所!【大会展望・総括コラム】
第859回 強打の龍谷大平安、盛岡大附、山梨学院が登場!大会3日目の見所【大会展望・総括コラム】
第926回 偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第926回 龍谷大平安に現れた俊足好打の1番打者・中島大輔(龍谷大平安)【前編】 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第926回 客観視できる姿勢が万能型野手へ成長させた 水谷祥平(龍谷大平安)【前編】 【2019年インタビュー】
遠藤 慎也(京都翔英) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
京都外大西 【高校別データ】
京都翔英 【高校別データ】
塔南 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー