第857回 安心感ある守備で信頼を掴み、強い向上心で打撃が急成長!甲子園ベスト4捕手・佐藤英雄(日大三)!2018年12月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]キューバ打線相手にどんなリードをしているのか?
[2]キューバの選手を観察して、成長のヒントに

 東京代表は3戦目に敗れ、このキューバ遠征での勝ち越しはなくなった。そんな中、選手は今後の試合をどう立ち向かおうとしているのか。今回は佐藤 英雄日大三)捕手をピックアップ。この夏、2年生ながら甲子園ベスト4入りに貢献した捕手。和泉実コーチからも絶大な信頼を受ける。キューバ代表に対してどうリードをしているのか、また成長を見せた打撃面の成長の秘訣を追った。

キューバ打線相手にどんなリードをしているのか?



佐藤英雄(日大三)

 「どっしりとした構えはしっかりと腰が落ちていて、安定感がある。まさに日本人捕手ですよね。肩も強く、なんといっても甲子園ベスト4捕手。大きな存在です」と和泉実コーチから絶大な信頼を受ける佐藤。安定したキャッチング、2.00秒台のスローイング、鋭い観察力を生かしたインサイドワークとみるだけで安心感が感じられる選手だ。佐藤は第1戦からマスクをかぶり、第2戦から第3戦まで1人で本塁を守っている。

 キューバ打線をマスク越しに見て感じたことは高低、コーナーを使わないと抑えられないということ。

 「昨日の細野に対してもそうでしたが、井上に対しても高低を使って組み立てました。ただ一辺倒になるのではなく、速球、変化球をバランスよく使わないと抑えられないので、そこは考えながらリードをしていきました」
 その中でもクリーンナップを警戒しながら、慎重にリードをし、失点を最小限に防いだ。7回裏の大量点を除けば、評価できるものだった。

 「投手陣は東京にいたときよりもボールのキレは上がっていると思います。あとはキューバ打線を抑えるとなると細かいボールの出し入れが必要になり、そこでコースを外して四球になって、ピンチを広げてしまったのが反省点です。もう少し突き詰めていきたいと思います」

【次のページ】 キューバの選手を観察して、成長のヒントに

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

佐藤 英雄
佐藤 英雄(さとう・ひでお)
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投右打
  • 日大三
【関連記事】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第848回 激戦区多数!本戦へ進むのは?【春季都大会・1次予選展望】【大会展望・総括コラム】
第842回 2019年は戦力充実の東海大菅生がリード!日大三、帝京は捲土重来なるか?【東京都大会抽選前展望】【大会展望・総括コラム】
第11回 キューバの環境は東京代表の短期間での急激なレベルアップの一因に!【後編】【世界の高校野球】
第10回 キューバ野球は日本野球のレベルを高める材料がたくさん詰まっていた【前編】【世界の高校野球】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
第858回 意識付けの変化が同点打を生む!第5戦は本領発揮だ!野村 昇大郎(二松学舎大附) 【2018年インタビュー】
第856回 キューバ打線に自責点0の快投!細野晴希(東亜学園)を急成長させた繊細な感覚と観察力 【2018年インタビュー】
第856回 打撃急成長の小松涼馬(帝京)は誰よりも肝が据わっている! 【2018年インタビュー】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
佐藤 英雄(日大三) 【選手名鑑】
日大三 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー