第856回 打撃急成長の小松涼馬(帝京)は誰よりも肝が据わっている!2018年12月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 現地時間の12月17日から東京代表はキューバ代表との試合がスタート。第1戦は3対7で敗れた。しかしその中でも一矢報いる活躍を見せたのが小松 涼馬帝京)だ。キューバの速球投手相手に4打数2安打3打点の活躍。唯一の1年生ながら先輩に負けない活躍を見せてくれた。

 富田林リトルシニアから鳴り物入りで入学し、1年生ながらレギュラーを獲得した小松といえば「守備の人」というイメージがある。なぜここまで打てるようになったのか?そんな小松の活躍の背景を振り返っていきたい。

打撃進化の秘密は「始動」と「ステップ」



キューバ戦で4打数2安打3打点の活躍を見せた小松 涼馬(帝京)

 キューバ代表には評判通り速球投手が揃っていた。先発のノルヘ・ベラは190センチ82キロの長身右腕。コンスタントに140キロ中盤をたたき出し、小松自身も「本当に速かったです。変化球も日本人投手にはない曲がり方をしたのでびっくりしました」と驚きを隠せない様子だった。だが見せ場はすぐに訪れた。

 3回表、一死一、二塁の場面で第2打席が回ってきた。小松に対しベンチは「バットを短く持て!」の指示。小松は「1打席目は長く持って詰まったので、バットは一握り余して鋭く振ることを心掛けました」とバットを短く持った。そしてインコースの速球を振り抜き、レフト線を破る二塁打となり逆転に成功。3打席目もインコースの速球を振り抜き、適時三塁打。キューバ選手に負けない打撃を見せた。

 それにしても11月のセレクションの時や、練習試合とはくらべものにならないぐらいの成長である。小松は木製バットに対応するために打撃フォームを修正した。特徴的は、ヘッドを投手方向へ傾けすぎず、なるべく垂直に落としてインサイドアウトで振り抜くことができていること。結果的に140キロ台の速球に対応している。打撃フォームの意図について小松はこう説明する。
 「速い球なので無駄な動きをなくして、最短距離で打つことを心掛けた結果、今のフォームになりました」
 またタイミングの取り方も意識している。
 「日本にいたときは足を結構上げていたんですけど、足を引きずるように上げていったら強い打球を打ち返すことができました」



左:日本にいたときのフォーム  右:現在のフォーム

 日大三戦キューバ戦の写真を見ると、その違いは一目瞭然。日本にいたときはしっかりと上げているが、今では足上げを小さくしている。木製バットで結果を残すためにいろいろ工夫している様子が見える。帝京の監督としても小松を見守る前田三夫監督は「小松は覚えが早い選手。木製バットの打ち方をつかんでいますよね」と教え子の成長に目を細めた。

 1年生ながら唯一の代表入り。先輩達には「とても優しくしてもらっています」と感謝の様子。そんな小松は遊撃手・成瀬 脩人東海大菅生)から守備を教わるためにグラウンドでは常に行動する様子が見られ、ゲッツーでの息もぴったりだ。

 上昇志向のある小松だからこそ、キューバの内野手の動きに刺激を受けている。この試合、東京代表がセカンドゲッツーになった場面で、ベース寄りで捕球した二塁手は捕球した後、右手に持ち替え、バックハンドトスを行ったのだ。あっさりとゲッツーを完成させた一連の動きに「あれは自分もやりたいプレーです」と目を輝かせた。

 前日の合同レセプションでは自分のことを「NINJYA」と紹介し自ら忍者の動きを見せ、キューバ選手を笑わせた。小松は「もうやるしかなかった」と腹に決めていたようだ。

 小松は学校近くのアパートで1人暮らし。食事も、雑務も自分1人でやる。そういうところが精神的な強さに結びついている。

 野球においても、生活面においても、決めたからにはやり抜く。小松 涼馬はほかの誰よりも肝が据わっている。

文=河嶋 宗一


【関連ニュース】
東京代表が合同レセプション!ラテンの雰囲気を存分に味わう!
東京代表が初練習!気持ち1つに、戦闘状態へ!
いざキューバへ!東京選抜が決戦の地へ飛び立つ!
東京都高野連がU17代表のセレクションを実施!参加選手が刺激を受ける有意義なイベントに!
U17東京代表キューバ遠征、コーチングスタッフが決定!選手は11月にセレクションを実施!
【関連コラム】
東京代表の軌跡!キューバ遠征を人生のプラスに!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

小松涼馬
小松 涼馬(こまつ・りょうま)
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投右打
  • 富田林リトルシニア-帝京
【関連記事】
第935回 【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第201回 【BIG5特集】井上広輝(日大三)は男気溢れる豪腕だ!背負える大エースへ!【ドラフト特集コラム】
第988回 「守備の帝京」の象徴・大内智貴(帝京)。接戦になればなるほど際立つ野球センスの高さ! 【2019年インタビュー】
第977回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
第627回 「守備の帝京」に手応えを掴んだ春。総合力を高め、8年ぶりの甲子園へ!【後編】 【野球部訪問】
第975回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第65回 「捕手に転向してアイツの良さがすべて出た」 原口文仁(阪神)の捕手転向秘話【恩師が語るヒーローの高校時代】
第627回 今年は「守備の帝京」で勝負。例年にはないチームカラーを見逃すな!【前編】【野球部訪問】
国士舘vs帝京【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第858回 意識付けの変化が同点打を生む!第5戦は本領発揮だ!野村 昇大郎(二松学舎大附) 【2018年インタビュー】
第857回 安心感ある守備で信頼を掴み、強い向上心で打撃が急成長!甲子園ベスト4捕手・佐藤英雄(日大三)! 【2018年インタビュー】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
東京代表vs日大三【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
小松 涼馬(帝京) 【選手名鑑】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー