目次

[1]「お前ならいける」飯野監督も認める打撃技術と精神力
[2]ジャイアンツカップ優勝という目標を全員が目指したことで一致団結して戦えた
[3]甲子園に出て須貝将希の球を打ちたい


 8月に行われたジャイアンツカップで、ベスト8に進出した武蔵狭山ボーイズ。その中で、「攻撃型2番バッター」として大きなインパクトを残した選手がいる。それが新井流星選手だ。卓越した打撃センスに加えて、球際に強い三塁守備でもチームのベスト8進出に大きく貢献した。
 今回はそんな新井選手にお話を伺い、ジャイアンツカップでの話や高校野球に向けての意気込みを伺った。

「お前ならいける」飯野監督も認める打撃技術と精神力


ーー 今日はよろしくお願いします。まず、新井選手の持ち味を教えて下さい。

新井流星選手(以下、新井) 自分の持ち味はバッティングです。長打も打てるし、追い込まれたら短打に切り替えてヒットを稼ぎます。

ーー 新井選手は攻撃的な2番バッターだったと伺いましたが、小技を仕掛けることはありましたか?

新井 チームがバッティングのチームなので2番を打っていましたが、小技などはまったくしませんでした。本当に攻撃的な2番バッターでしたね。

ーー 武蔵狭山ボーイズの飯野靖典監督はとても情熱のある方ですが、飯野監督の下でやれて良かったと思うところを教えて下さい。

新井 厳しい中にも愛情がある監督だなと思っています。最初は監督に叱られて、落ち込むこともありましたが、教える時は丁寧に優しく教えてくれて、最後まで面倒を見て頂きました。

ーー 飯野監督の指導が「チームの勝利」に繋がったと思うエピソードがあれば教えて下さい。

新井 監督はよく『一球に沸け』と仰ってました。1本ヒットが出たらみんなで喜び、1個アウト取ったらベンチでもどんどん声を出して、一球に沸いて自分たちの流れを作っていくことで、どんどん点が取れてチームの勝利に繋がったのだと思います。

ーー 進路を決める時は、飯野監督にどういった言葉をかけられましたか。

新井 (進学予定の高校は)雪の中でも長靴を履いてやるという厳しい環境なんですが、「お前の精神ならいける、ホームラン30本以上打ってくれ」と言われました。期待に応えたいなと思いました。