目次

[1]大学3年から始まった俊足・荻野の道
[2]社会人に入って本格的に走塁技術を磨く


 今年の千葉ロッテマリーンズは藤原恭大(大阪桐蔭)をドラフト1位指名を行い、交渉権を獲得。近年、千葉ロッテの野手は充実とした布陣となってきたが、そんな中、外野手最年長の荻野貴司選手はフルシーズンの活躍が求められている。

 郡山、関西学院大、トヨタ自動車を経てプロ入りした荻野選手はプロ1年目からレギュラーとして活躍。驚異的な俊足を武器にプロ1年目からここまですべて二けた盗塁を記録し、通算173盗塁。恐るべしは8割を超える盗塁成功率である。そんな荻野選手はいかにして走塁術を磨いてきたのか。

大学3年から始まった俊足・荻野の道

ーー 荻野選手は奈良県の郡山高校出身ですが、まず進学されたきっかけを教えてください。

荻野貴司選手(以下、荻野) 中学の時はクラブチームに所属していましたが、そこで試合に出られなくて、勉強の方を頑張らないといけないと思って、奈良県の中でも勉強ができて、野球も強く、文武両道をモットーにしている学校でしたので受験しました。

ーー 実際に郡山高校に進まれていかがだったでしょうか。

荻野 野球の面では成長をさせていただきましたが、それ以外にも、人として成長させていただきました。挨拶、礼儀を全部教わった感じなので、行けて良かったと思います。

ーー 荻野選手は2年生からショートのレギュラーを獲得され、3年夏には奈良大会準優勝を経験しました。当時、自分はどんな選手だったのか、覚えていらっしゃいますでしょうか。

荻野 あまりずば抜けたものがなく、すべてにおいて無難にこなす選手だったと思います。その中でも守備を重視していて、高校の時はある程度、守備に自信があったと思います。

ーー その後、荻野選手は関西学院大に進まれますが、入学当初、最終目標をプロにおいていたのでしょうか?

荻野 いや、そこまで強い思いはなかったですね。少しでも長く野球ができればいいかなとは思っていました。

ーー そんな荻野選手は大学3年生時に、重たいペットボトルをもってダッシュに取り組んだというエピソードがありますが、この時から走塁に目覚めたという感じでしょうか?

荻野 そんなこともありましたね。この時、冬のメニューでかなりの量を走りましたね。またチームとして走塁を重視する方針となっていました。関西学院大は強豪校から選手がきているわけではなかったので、そんなにたくさんホームランを打てる選手もいません。何人か足が速い選手がいたので、それで足を生かしていこうと思いました。そこからチーム全体で足を強化する流れになっていきました。

ーー そして荻野選手は4年春(2007年)には17盗塁で23年ぶりとなるリーグ新記録を樹立します。この時、盗塁技術は確立されていったのでしょうか?

荻野 相手にスキはないかなと思って探していました。でも全然で、勢いと足の速さで勝負していて、まだ技術で勝負できる選手ではなかったです。

ーー 4年時の活躍によってプロから注目された荻野選手ですが、プロを選ばず、名門・トヨタ自動車へ入社されます。社会人野球は駆け引きが優れ、ハイレベルな環境です。走塁術を発揮する難しさは感じましたか?

荻野 そうですね。おっしゃる通り、社会人では簡単に走らせてくれない。投手のクイックも速いですし、捕手のレベルも高い。だから社会人の時は足でかき回すことはできなかった記憶があります。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。