目次

[1]精神面を変えてくれた飯野監督に感謝
[2]「最後まで何が起きるか分からない」ジャイアンツカップでの敗退
[3]将来はプロ野球選手になって侍JAPANの一員に


 8月に行われたジャイアンツカップで、ベスト8に進出した武蔵狭山ボーイズ。そんな武蔵狭山ボーイズのエースで3番を務めたのが、須貝将希(すがいまさき)選手だ。ボーイズ選手権では2完投を記録し、日本代表として臨んだジュニアオールジャパンアメリカ遠征でも堂々たるプレーを披露した。
 今回は、そんな須貝選手にお話を伺い、ジャイアンツカップやジュニアオールジャパンの遠征で得たもの、そして高校野球に向けての意気込みを伺った。

精神面を変えてくれた飯野監督に感謝


ーー 本日はよろしくお願い致します。それではまず、自分の持ち味はどういうところだと思うか教えて下さい。

須貝将希選手(以下、須貝) 自分は、ずっとやってきた下半身トレーニングで(得られた)、フォームの粘りと球の伸びが自分の持ち味です。特に高めの伸びに自信があり、最速は138キロです。

ーー バッターとしては、自分はどういう選手だと思ってますか。

須貝 打率を残すバッターだと思います。特にチャンスの場面では逆方向を意識しているので、そこも持ち味だと思います。

ーー 武蔵狭山ボーイズの飯野靖典監督はとても情熱のある方ですが、このチームに入ってこういうところが良かった、飯野監督の下でやれて良かったと思うところを教えて下さい。

須貝 自分は入った時は、気持ちがそんなに強くありませんでした。2年生の頃から3年生に混ざってベンチに入れさせてもらっていましたが、練習からずっと叱られてばかりでした。
 ですが、そのお陰で3年生になってマウンドで堂々としていられるようになりました。精神面を全て変えてくれた人だと思って感謝しています。

ーー 進路を決める時には、飯野監督にはどういった言葉をかけられましたか。

須貝 「ピッチャーでは150km/h投げて、バッターでもホームラン30本以上打ってくれ」と言われました。頑張りたいと思います。

ーー 一番きつかった練習は何ですか?

須貝 『カープラン』というランニングメニューが一番キツかったです。25mの間隔を取って、2往復を6本、それをトータルで5セットくらいやりました。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。