第851回 3年連続チーム打率1位!名打撃コーチ・石井琢朗が語る「振る力の重要性」【前編】2018年12月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]なぜプロ野球選手でも「振る力」が大事なのか?
[2]素振りが一番「振る力」が身につく
[3]打撃練習の考え方

 プロ野球界きっての打撃コーチとして評判の東京ヤクルトスワローズ・石井琢朗コーチ。現役時代は通算2432安打を放つなど、アベレージヒッターとして活躍。2012年に現役引退後は広島東洋カープの内野守備・走塁コーチに就任し、2016年から広島の一軍打撃コーチを務めた石井氏は2年連続の優勝に貢献。そして今年から東京ヤクルトスワローズの一軍打撃コーチに就任し、2位に進出するまでにチームを成長させた。

 石井コーチが打撃コーチに就任した3年間は、いずれも強打のチームを育て上げている。

2016年 打率.272 153本塁打 684得点 すべて1位
2017年 打率.273 152本塁打 736得点 すべて1位
2018年 打率.266 135本塁打 658得点 打率はリーグ1位、得点はリーグ2位

 石井コーチはどんな方針で選手を指導しているのか?その理論を伺った。

なぜプロ野球選手でも「振る力」が大事なのか?



腕を組む石井琢朗コーチ

ーー 石井コーチが打撃コーチになられたのは、広島東洋カープで2015年のオフからでしたが、具体的にどういうふうなバッティングの改革をされたんですか?

石井琢朗コーチ(以下、石井) 正直、僕自身がバッティングに関する理論というのをあまり持ち合わせてないというか、あるんでしょうけどそれが理論だとは自分の中で思っていません。

 これは僕の持論なんですけど、バッティングって正解が無いんですよ。打てて3割なんで。これだけやれば大丈夫って確立されているものって皆さんおありでしょうけど、やってせいぜい3割とか3割5分。実際皆さん4割にも満たないわけじゃなですか、それをやっても。だからあまり自分の中で“これじゃなきゃダメ”とか、“これだな”っていうのはあまり無いので。

 でも理屈から入るんじゃなくて、僕がカープでバッティングコーチになった時はにとにかく振らせようと思ったんです。振ることから。まず振る力を作る。どうしても理論から入ってしまうと、形ありきで入ってしまうと思ったので、そうなってくると頭でっかちの中でいって、どうしてもそれ以上のものが求められないというか、バッティングが小手先になってしまう。とにかく形じゃないんだというところ。形は後から作るもので、とにかく振る体力だったり、振る力だったりというのをまず作って、そこからいかにそれを形にしていくか、というところから入りました。

ーー 振る力はアマチュア野球でも大事といわれますが、プロ野球選手でも、振る力がまだ足らないというのがあるんですね。

石井 やっぱりシーズン長いので、シーズンに入る前にみんなキャンプとかやって、それなりに量は振るんですけど、シーズンを通してずっと長丁場戦っていく中で、どうしても疲れが溜まってきたりだとか、そういうのもありますし、シーズンを通してなかなか、体力を維持したりだとか、振る力を維持してくっていうのは難しいので。

 今の時代、150㎞/hを超えるパワーピッチャーというのがもう普通というか、140後半投げてても、どちらかと言うと『並』ぐらいのレベルになってきてるじゃないですか。そういうパワーピッチャーに対して力負けしないスイングって必ず必要だと思うので、そういう意味での振る力を鍛えています。

 だから2種類、そういうピッチャーに負けないための振る力と、あとは長丁場のシーズンを通して落ちない、衰えないための体力作りという意図の元にキャンプで振り込みを行います。

ーー 石井コーチが現役時代は、そういうところがこだわっていた部分なんですか?

石井 僕はいかにごまかして(笑)という感じでしたね。
 サッカーと違って野球選手は、試合数は年間を通して断然多いですけど、運動量は1試合平均にしてみたら、おそらくサッカー選手に比べると少ないと思うんです。休もうと思えば休めるスポーツなんで。サッカー選手はピッチに入ったら45分間ずーっと走りっぱなしで常に動いてなきゃいけない。でも野球選手は守備の時、違う神経は使ってますけど、そんなにずっと動き回ってることはない。ピッチャーが投げる以外にそんなに動かないですし、ベンチにいて自分がバッターボックスに立つまでは時間があったりするので、その時は動いてない。休もうと思えば休めるスポーツなので、いかに要領よくというか、体力を温存しながら、という。

 どうしてもやはり体が小さいので。ただ、でも僕自身、体力にはそこそこ自信は持っていたのでなんとか。それでも、練習量を落としたりだとか、そういうことはなるべく無いようにと、自分なりには練習はしてました。
 ただ年をとったらもう逆になりましたけどね。なるべく動かないように、試合にいかに集中できるかという感じで入っていました。

【次のページ】  素振りが一番「振る力」が身につく

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

石井 琢朗
石井 琢朗(いしい・たくろう)
  • ポジション:打撃コーチ
  • タイプ:右投左打
  • 身長・体重:174センチ・78キロ
  • 足利工-大洋-横浜-広島-ヤクルト
【関連記事】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第855回 名打撃コーチ・石井琢朗が高校球児へメッセージ「自分がなりたい打者像を見つけよう!」【後編】 【2018年インタビュー】
第738回 ウラディミール・バレンティン(東京ヤクルト)「ホームランを打つにはバックスピンをかけることが大切」 【2018年インタビュー】
第82回 寺島 成輝(東京ヤクルト)「『履正社出身』を胸に」【ドラフト特集コラム】
第76回 廣岡 大志(智辯学園ー東京ヤクルトスワローズ)「セ・リーグではピカイチの有望株!廣岡が目指すスラッガー像とは?」【ドラフト特集コラム】
第25回 青木 宣親選手(日向-ヒューストン・アストロズ)「高校時代からは想像もつかなかった選手に成長した」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第24回 青木 宣親選手(日向-ヒューストン・アストロズ)「印象は『普通の高校生』『継続する大切さ』を教わる」【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第501回 ヒューストン・アストロズ 青木 宣親選手(日向出身)「失敗しなければ自分のことは分からない」 【2017年インタビュー】
第368回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘選手【後編】「試合で力を発揮するためのコンディショニング作り」 【2016年インタビュー】
第367回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘選手【前編】「長丁場のペナントレースでも力を発揮し続けるには」 【2016年インタビュー】
館山昌平、復活への道
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー