第847回 「綺麗さ」と「力強さ」を兼ね備えた投手へ!古谷拓郎(習志野)の優先課題は「体づくり」【前編】2018年12月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]3年間、常に重視してきたのは体づくり
[2]高卒プロを意識し、普段の練習から取り組む姿勢を変えた

高卒プロを意識し、普段の練習から取り組む姿勢を変えた



中央学院戦での古谷 拓郎

 「トレーニングを行って少し体重が増え、そこからメンバーに戻ることができて球速も短期間で上がってきました。この期間があったからこそ成長できたかなと思います。夏に比べると球威も少しは増したと思います。しかし、秋は自分の失投で点を取られたり、点を取った次の回に失点したりと、試合を作ることができなかったので悔いが残っていますね。」

 準決勝の中央学院戦では大谷 拓海に本塁打を打たれ、「まだまだ自分のボールでは厳しいと思いました」と、球速アップしなければならないと実感した古谷は、冬も「筋力アップ」をテーマに臨んだ。そして一冬超えて、小林監督と進路相談を行い、高卒でプロに行きたいことを訴えた。小林監督は、「春頃からプロを意識し取り組みが変わってきたのです。その中で本気で目指すならもっと真剣に取り組まないといけないと話をしましたが、彼の意思は固かったです。」

 プロにいく決意を固めた古谷は、小林監督にこう伝えられたという。
 「プロのスカウトは、はじめはいいところを見ているけどだんだん悪いところを見てくる。フィールディングや走っている姿を見られていると思ってプレーしないと、リストから削られていく。削られないためには細かいところを意識するようにと言われました。普段からフィールディング練習は行っていましたが、それからは守備練習でも全力で取り組むことを心がけるようにしました」

 前編はここまで。後編はドラフトにかかるために、古谷選手が駆け抜けた高校野球最後の1年。そして今後のビジョンを語ってもらいました。後編もお楽しみに!

文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

クリス・テイラー
古谷 拓郎(ふるや・たくろう)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長・体重:184センチ・77キロ
  • 鎌ヶ谷二中-習志野
【関連記事】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
第187回 2019年ドラフトガイドブック(投手編) 特A、Aクラス投手がひしめく豊作年!【ドラフト特集】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
第800回 秋の関東も激戦!秋季関東大会2018 出場15校逸材ガイドブック!【大会展望・総括コラム】
第787回 秋の千葉も戦国 いきなり習志野vs拓大紅陵など好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第23回 激動の時代に親子鷹で話題となった原辰徳の高校時代【高校野球ヒストリー】
中央学院vs習志野【千葉県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 西千葉大会】
第639回 大谷拓海(中央学院)「応援してもらえる二刀流プレイヤーに」 【2018年インタビュー】
第3回 第96回選手権千葉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
第149回 千葉ロッテマリーンズ 福浦 和也 選手 【2013年インタビュー】
大谷 拓海(中央学院) 【選手名鑑】
古谷 拓郎(習志野) 【選手名鑑】
中央学院 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー