第833回 今年の高松商のエースは研究心旺盛。目指すは全国屈指の左腕へ 香川 卓摩(高松商)2018年11月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]全国レベルの打線と対戦したことは大きな収穫
[2]参考にする投手、参考にするスキルも具体的

 3年ぶりの四国大会優勝を果たし、公立校唯一の神宮大会出場の高松商。そのエースは香川 卓摩である。左腕から投げ込む最速141キロのストレート、多彩な変化球を武器に、7試合6先発で48回を投げ被安打41・奪三振50・防御率2.06と好成績を残した。そんな香川の投球、人柄を見ると、想像以上に興味深い投手であることが分かった。

全国レベルの打線と対戦したことは大きな収穫



エース・香川 卓摩(高松商)

 165センチ62キロと、投手としてはそれほど大きくない。マックスは141キロで普段は135キロ前後と速くない。突出としたそれでも四国大会で勝てた理由はどこにあったのか。神宮大会で香川のピッチングを見たり、香川へ取材を進めていくと、その理由が分かる。

 まず八戸学院光星戦。投げていくうちに、打線が変化球に狙いを絞っていることが分かった。

 「打たれていくうちに変化球を絞っているのが分かりました」
 一転してストレート中心の配球に切り替えた。ストレートで押したり、相手がストレートを狙っていることに勘づいて、変化球で交わしたりと、感性を働かして6回4失点の力投を見せた。打者の動き、反応を見て自分なりに配球を組み立てて勝負ができるのが香川なのだ。

 そして星稜打線についてはこんな印象を持っていた。「八戸学院光星の打者は一球、一球をしっかりと振っていて、隙の無い打線だと感じました。星稜打線はブンブン振っていくのですが、変化球を低めに集めていけば打ち取りやすさは感じました」
 ストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップを交えながらピッチングを展開する。ただ悔やむは力みすぎて、思い通りのコントロールができなかったこと。6回裏、奥川 恭伸に適時二塁打を打たれ、8回裏にも奥川にも適時打を浴びた。ただ奥川との対決は楽しんだ。相手の考え、動きを読むために表情を見ながら配球を考えるという香川。奥川を見ると、なぜか笑っていた。

 「奥川君は勝負を楽しんでいるかなと思いました。実際に僕も楽しかったです。彼に対してはリーチが長いので内角を攻めるか、高めが弱いので外角高め。しかし力んで彼の腕が届くところに投げてしまって、とても悔しいです」
 しかし八戸学院光星星稜と全国レベルの打線を対戦したことで何が通用するのか、しないのかを感じていたようだ。

【次のページ】 参考にする投手、参考にするスキルも具体的

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第950回 【香川大会総括】「サプライズ」「羽ばたく2年生」「復活」「救世主」 そして本命が頂点へ【大会展望・総括コラム】
第41回 習志野の撃破は必然だった 鶴岡東は「個性的な選手」が揃ったチームだ【101回大会特集】
第27回 四国勢の逆襲か?過去10年間における「初戦勝率」から分析【101回大会特集】
第953回 大会4日目は選抜準優勝の習志野が登場!すべて実力校対決の4日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第40回 高松商(香川)【23年ぶり20回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
高松商vs松山聖陵【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
香川 卓摩(高松商) 【選手名鑑】
高松商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー