第828回 目指すは山田哲人!星稜4番・内山壮真が意識する日本一への覚悟2018年11月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 1年生ながら、名門星稜高校の4番を務める内山 壮真。その内山は初の神宮で華々しいデビューを飾った。

 明治神宮大会の1回戦で、広陵相手に3打数2安打2打点の大暴れ。1年生ながら夏の甲子園にも出場を果たしている。これからの星稜を担う注目スラッガーだが、広陵戦での打撃には秘密があった。その秘密とは何なのか、そして守備における彼の取り組みついて試合後に話を伺った。

全国一を成し遂げるための打撃と守備を求める



内山壮真(星稜)

―― 北信越大会の準決勝と決勝で打撃が不調でしたが、かえっていい薬になったのでしょうか? 

内山壮真(以下、内山):悔しい思いがあって、その悔しい思いを持って練習してきたのでそれが今日結果に出たのかなと思います。

―― 構えた際にヘッドが入らず楽に構えているように感じましたが、意識はどのように思っていますか?

内山:構えるときは一番自然体の方が、ボールに当たるときに力が伝わるので、構えた時は一つも力を入れないくらいというのを意識しています。

―― 4回表のツーベースを放った打席では狙い球などはありましたか? 

内山:自分はいつも狙い球は張っていません。2打席目では、1球目が非常に厳しいコースだったんですけど、2球目にちょっと甘く入ったのでフェアゾーンに入ってくれました。

―― 4回にビッグイニングを作った際に、逆方向に当たりが出だしていましたが、何か2巡目からの対策などはありましたか? 

内山:前半はみんな高めのボールを振ってると全員言っていたので、真ん中より低めを打つと意識しました。その結果が、右方向に繋がったとおもいます。

―― 相手の石原くんのストレートは130キロ台前半でしたが、高めでもストライクに見えていたということですか? 

内山:マウンドが高くいつもとボールの見え方が違ったので、高めがいつもより低く見えていました。

―― 守備面なのですが、星稜の内野手はポンっと体を浮かしてタイミングを取っていましたが、どのような狙いがありますか? 

内山:1歩目をより早く出すために、スイングに合わせて飛んだほうが反応がしやすいです。具体的には、テニスのレシーブを参考にしてやっています。



身体を浮かせるスプリットステップをして打球に備える山内壮真(星稜)

―― テニスのレシーブのようにというのは入部した当初からやっていることなのでしょうか? 

内山:実は、小園(海斗)さんに聞きました。奥川さんがU18に行った際に、奥川さんを通じて電話をさせて頂いて、それをチームのみんなに伝えました。

―― 具体的に小園君にはどんなことを聞ききましたか? 

内山:一歩目の動き出しとフットワークについて聞きました。それで、小園さんは腰を落とすためにケンケンパッをやっているのを聞いたので、それに取り組みました。右左と交互ではなく、右右と同じ足を続けると意識付けが出来ました。

―― 小園君が広島に指名されて、テレビで見ていたりしてどう思いましたか? 

内山:もちろんすごいなと感じましたし、自分が目指すのは小園さんみたいなショートになれるように頑張っていきたいです。

―― 実際に、センターの手前まで打球を追っていましたが守備範囲には自信がある? 

内山:神宮球場で人工芝ということで、今回は後ろ目に守っていたので追いつくことが出来ました。

―― ショートを守っていて山瀬君のスローイングなど捕手を経験されている内山選手から見てどう感じますか? 

内山:ショートでボールを受けていてボールの伸びや正確性が凄くて、こんな球捕ったことないくらいすごい肩です。

―― 最後に、自分のアピールポイントはなんでしょうか?

内山:一番はバッティング部分ですね。自分は4番を任されていてミート力に自信がありますが、ホームランを打つ力や技術が全然足らないので、低い打球を打つことを意識すれば長打になると思っています。プロ野球選手では山田 哲人選手を参考にしています。ホームランも打てますし、低くて強い打球を打てるのでそこを見習いたいです。

 内山は終始落ち着いた表情でインタビューに答えているのが印象的であった。

 他校の2学年先輩の小園 海斗に守備の話を聞いたのも、このチームを強くしたいという気持ちで話を聞いたという。内山 壮真には1年生でありながら、責任感の強さを感じる。
 この先戦っていくうえで内山は「奥川さんだけでは全国制覇を成し遂げられないと思うので、今日は打力の方で強い星稜を見せられたと思う」

 このような力強い言葉をもらい、星稜が見据えるのは全国制覇なのだと改めて感じさせられた。頂点まで残り2勝。内山のバッティングでチームを日本一に導けるのか、彼のスイングから目が離せない。

取材=編集部

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第22回 俳優・吉村卓也が紹介!ズバリ!!2019年に活躍が期待される1、2年生!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第818回 奥川、武岡、西原…平成最後の神宮大会で躍動した逸材たち【大会展望・総括コラム】
第817回 平成最後の神宮大会を総括 出場10チームの収穫と課題とは【大会展望・総括コラム】
札幌大谷vs星稜【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第814回 進化し続ける奥川恭伸 西純矢を攻略した広陵打線でさえも太刀打ちさせず!【大会展望・総括コラム】
第812回 平成最後の神宮大会を沸かせる逸材たち【大会展望・総括コラム】
第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ 【2018年インタビュー】
星稜vs東海大諏訪【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
第752回 来年、日本のエースになるために。修行に臨む金沢の怪腕・奥川恭伸(星稜) 【2018年インタビュー】
星稜vs藤蔭【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第660回 奥川 恭伸(星稜)「全国・世界の頂への第一歩」 【2018年インタビュー】
第456回 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「理想の打撃実現は、無駄な力を抜くことから」・後編 【2016年インタビュー】
第455回 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「野手ではなく、投手としてプロ注目だった高校時代」・前編 【2016年インタビュー】
内山 壮真(星稜) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー