第827回 独自の感覚と50メートル5秒8の俊足を活かし勝利を呼び込む 小郷裕哉(立正大)2018年11月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今年のドラフトで楽天イーグルスから7位指名を受けた立正大・小郷 裕哉。横浜DeNAベイスターズから2位指名を受けた伊藤裕季也との3,4番で立正大野球部を引っ張ってきた。2対0の投手戦となった九州共立大戦を振り返る。

伊藤と盗塁はしないと決めていた



小郷裕哉(立正大)

 九州共立大の先発は広島カープから2位指名を受けた島内颯太郎。立正大の先発・糸川との投げ合いは6回を終わり0対0の投手戦となった。7回、先頭打者は小郷。「内野安打でも四球でもエラーでもいいので出塁したかった」と振り返る場面に四球で出塁。

 「伊藤と盗塁はしないと決めていた」と話すが、この場面で1球ウエストが入った。「2球続けてのウエストは無い。そして伊藤相手に何度も真っ直ぐは投げられないという読みから盗塁を決断しました。」小郷の予想通り島内はフォークを投げ、盗塁成功。相手のエラーも重なり三塁へ進む。その後伊藤がレフトスタンドへ決勝のホームランを放ち2対0で立正大が勝利した。

 普段から盗塁は小郷自身に任されているという。「アウトになって怒られることはない」と話すように、常に次の塁を狙って積極的な走塁を行う。「高校までは打撃を売りにしてきましたが、大学では生き残るために足が武器になりました。特に盗塁に関しては独特の感覚を持っていて、対戦したことがない相手でも走れるという感覚を持つことがあります」というように、他人にはない感覚と50メートル5秒8の俊足で数多くチャンスを広げ、4番伊藤につなぐという自分の仕事を続けて互いに成長してきた。その伊藤とのコンビは特別なもので「後ろに伊藤がいるから自分が出れば流れが変わる」と、つなぐ意識でベース上からプレッシャーをかけ得点に貢献した。

 「野村克也さんの教え子である坂田精二郎監督を理解するために野村さんの本を何度も読み返し、考える野球ができるようになった。様々なものから吸収し今のプレースタイルにたどり着いた」と話し、このほかにも走塁の意識には鈴木尚広氏や赤星憲広氏の著書からの影響も受ける。

 ドラフトで指名を受けた島内との対戦には「意識はありました。自分より上位の指名で、プロ入り後はそんな選手がいっぱいいる。その中で戦うにはもっと持ち味を伸ばさなければならない。この時期まで大学野球を続けることができるのはチームメイトや監督、コーチのおかげなので、感謝しながら立正大の野球を全国に広めて恩返ししたい」と語ってくれた。今後プロの舞台でも走塁から勝利を呼び込むプレーに期待がかかる。

 

取材=編集部

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

小郷裕哉
小郷 裕哉(おごう・ゆうや)
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投左打
  • 関西→立正大
【関連記事】
第24回 高校野球ラストステージから「大卒プロへ」走り出す糸川 亮太(立正大)の3日間【四国発】
第836回 考え方1つで結果は変わる。伊藤裕季也を急成長させた立正大の4年間 【2018年インタビュー】
第724回 小郷賢人(関西ー東海大学)「分かっていても空振りする真っ直ぐ」でNPBの日本代表を目指す 【2018年インタビュー】
第252回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.3 【2015年インタビュー】
第251回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.2 【2015年インタビュー】
第250回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.1 【2015年インタビュー】
殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング
都立大田桜台(派遣:立正大立正) 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー