第822回 本領発揮は来春の選抜までお預け!それでも潜在能力の高さは発揮した石川昂弥(東邦)2018年11月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 投げては140キロ中盤。打っては高校通算37本塁打と迫力満点の石川 昂弥。しかし、八戸学院光星戦では本来の力を発揮できず、敗れ去った。そんな石川の初戦を振り返った。

本塁打なしも主将として逆方向へ強い一打を打つことはできた



石川昂弥(東邦)

 苦難の立ち上がりだった。1回表、打者一巡の攻めで5失点。
「最初はボールが浮いていた」と反省し、内外角へ鋭く突く投球を展開。石川は「一番投げやすいのがこの腕の振り」と、右スリークォーター気味のフォームからテンポよく内外角を投げることを意識した。ストレートは常時140キロ前後~143キロと、スライダー、カーブ、スプリットと投げ分け、2回以降は無失点に抑えることができた。自信を持ったボールを投げ込むことができた。

 そして本人が強くこだわる打撃では、見せ場を作った。八戸学院光星後藤 丈海は、スライダーを得意とする右投手。後藤攻略のために逆方向を意識していた。
 「本塁打は37本打っていますけど、そんなにこだわりはなくて、自分の場合、ホームランを意識しすぎると、力が入りすぎてしまうので、ヒットの延長がホームランという意識です。今日はスライダーを逆方向に打ち返すことを意識して、主将である自分がその姿を示せればと思いました」
 6回裏、第3打席で痛烈な二塁打を放った石川。第1打席の中前安打に加え、最低限の活躍は見せた石川。悔やむべきは初回。そして9回表、3番武岡 龍世に対し、インコースストレートを投じたつもりが真ん中高めに入ってしまい、本塁打を打たれた。反撃ムードが絶たれ、お得意の9回裏の攻撃に勢いをもたらすことができなかった。石川自身、「気持ちが盛り上がるような場面で打席に立つことができなかった」と悔やんだ。

 とはいえ、185センチ87キロと恵まれた体格から放たれる打球速度は圧巻。入学当初は80キロにも満たなかったが、食育とトレーニングの成果もあり、87キロまで増量。逆方向へ強い打球を打ち返すことを意識して、ライト方向への本塁打も増えていった。

 東海地区屈指のスラッガーの本領発揮はお預けとなったが、ぜひ来春の選抜で大爆発することを期待したい。

取材=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

石川昂弥
石川 昂弥(いしかわ・こうや)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 東邦
【関連記事】
第782回 奥川、武岡、西原…平成最後の神宮大会で躍動した逸材たち【大会展望・総括コラム】
第781回 平成最後の神宮大会を総括 出場10チームの収穫と課題とは【大会展望・総括コラム】
第777回 平成最後の神宮大会を沸かせる逸材たち【大会展望・総括コラム】
第1回 東邦高等学校(愛知・東海地区代表)ミラクルが持ち味で、この秋も見せた9回裏の大逆転【第49回明治神宮野球大会 チーム紹介】
第774回 東邦が優勝!そしてフレッシュな顔ぶれもあった秋季東海大会を振り返る!【大会展望・総括コラム】
東邦vs中京大中京【愛知県 2018年秋の大会 第71回愛知県高校野球選手権大会】
大阪桐蔭vs東邦【2018年 練習試合(交流試合)・春】
東邦vs愛知啓成【愛知県 2018年春の大会 春季愛知県大会】
第358回 東邦高等学校 藤嶋 健人投手「最高の仲間とともに全国制覇へ」 【2016年インタビュー】
第337回 東邦高等学校 松山 仁彦選手「スケール感ならば藤嶋に負けない剛腕左腕!」 【2015年インタビュー】
第334回 秀岳館高等学校 九鬼隆平選手「借りはセンバツで返す」 【2015年インタビュー】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー