準決勝、そして決勝と連戦になった秋季東京都大会。決勝に進出した東海大菅生のマウンドにはエース・中村 晃太朗の姿があった。

 ストレートとスライダー、そしてチェンジアップを主体に投げ、東海大菅生を準優勝まで導いたエース。国士舘戦は初回に4点を失うものの、3回以降はヒットを1本も許さないピッチングを見せてた。

 そんな中村に試合後に話を伺った。

自分なりの投球ができる精度を上げたい


 「技術もメンタルも冬場にゆっくり考え直そうと思います」
 ゆっくり時間をかけ見つめ直すことを示唆した中村。国士舘戦は前日の準決勝・早稲田実業戦から連投となった。

 「準決勝は第一試合だったので、疲労はなかった。」と中村は話すが、持ち前の低めに変化球を集める投球ができず、ボールが浮いてしまった。

 「全体的に真ん中付近は捉えると聞いていたので、丁寧に攻めるような配球をしようと思っていました。」と細心の注意を払っていたが、最も注意した黒澤 孟朗にタイムリーを打たれるなど、初回に痛打され4失点を喫した。

 しかし後半は思い切った投球ができたことで3回以降はノーヒットに国士舘打線を封じた。だからこそ、「後半のような投球ができれば…」と悔しさを口にした。

 中村は立ち上がりを国士舘に狙われたが、これは本人も自覚する最大の課題である。
 「この前の夏の大会の日大三でも初回の入りで指導者から言われました。ですので、秋は修正しようとしましたが、決勝戦だけダメでした」夏と同じような形で取られて負けてしまったのだ。

 しかし、それまではブルペンでの球数を増やす、変化球はワンバンでもいいから低めに集めることを心掛けるなどして立ち上がりを乗り越えてきた。

 今大会を通じてゴロを打たせて取るタイプではあるが、決め球の精度が上がったことで、空振りや三振をとれたのは成長点だと話してくれた。

 あと一歩のところで優勝を逃した東海大菅生。最後に、エースとしてどんな投手を目指したいか問いかけると
 「目指す投手はいないですが、自分は自分なりの投球ができる精度を上げたい」と、あくまで自分の道を歩み続けることを言葉で示した。

 東海大菅生は激戦区・西東京。ライバルたちを倒していくには中村 晃太朗の成長が必要不可欠だ。打たせて取る巧みな投球術で来春以降も勝利を重ねていく姿に期待したい。

取材=編集部