第809回 真っすぐで押し切れる強さを!さらなる飛躍を誓う伊藤大征(早稲田実)!2018年11月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]敗戦をきっかけに全てにおいて見直したい
[2]強きな発言から感じた自分の投球への自信

 今年の早稲田実業を引っ張るエース・伊藤 大征。その右腕から繰り出す最速143キロのストレートとスライダー、そしてチェンジアップを軸にこの秋を勝ち上がってきた。しかし強打の東海大菅生の前に9回被安打6、四死球6、失点3で敗戦。快進撃は準決勝で止められた。この敗戦の裏には一体何があったのか。試合後に本人を直撃した。

敗戦をきっかけに全てにおいて見直したい



伊藤大征(早稲田実業)

 「絶対に甲子園に出ろよ」
 前主将で今秋のドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスに3位指名をされた、野村 大樹からの一言だ。

 東海大菅生との準決勝に勝利すれば、あとは決勝のみ。甲子園が手に届くところまで勝ち上がってきたが、あと一歩が届かなかった。

 「東海大菅生さんの方が1枚上手でした」と伊藤が語ったように、序盤は苦しい試合運びになった。

 捕手である長谷川航大は、「いつもよりストレートが走らなかった」と伊藤のボールの状態を認識。その上で「変化球中心の配球でいこう」というプランが立った。これは伊藤も自身のボールを正確に把握し、そのリードも理解した上での投球だった。

 伊藤は「東海大菅生打線は左打者が多い。その左打者への得意意識がなかったですが、3番の小山 翔暉が1番良い打者だということを頭に入れながらの投球でした。」と語るように、小山には1本のヒットも許さなかった。

 しかし誤算だったのは制球力だった。無駄な四球、そして甘いボールを痛打されてしまった。その結果が3回の3つの四球をきっかけにした2失点だった。
 「甘く入った球は見逃さないですし、一球で仕留められる」という長谷川が語る東海大菅生打線は、予想通りの破壊力だった。


【次のページ】 強きな発言から感じた自分の投球への自信

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

和田康平
伊藤大征(いとう・たいせい)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 早稲田実業
【関連記事】
第942回 高校通算31本を支えるのは確かな準備!生沼弥真人(早稲田実業)が見据えるもの 【2019年インタビュー】
都立小山台vs早稲田実業【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
早稲田実業vs法政大高【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第848回 激戦区多数!本戦へ進むのは?【春季都大会・1次予選展望】【大会展望・総括コラム】
第81回 都立国立(東京)「3Dをテーマに掲げ、大きな飛躍を誓う冬」【冬が僕らを強くする2019】
第11回 キューバの環境は東京代表の短期間での急激なレベルアップの一因に!【後編】【世界の高校野球】
第10回 キューバ野球は日本野球のレベルを高める材料がたくさん詰まっていた【前編】【世界の高校野球】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
東京代表vs二松学舎大附【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第812回 目指すは王者の風格!1人の高校生としても成長を誓う、東亜学園主将・岩本翼 【2018年インタビュー】
第810回 目指すは杉内俊哉!東亜学園エース・細野晴希が目指す投手像 【2018年インタビュー】
第808回 主将は背中で示す!行動でチームを引っ張る、生沼弥真人(早稲田実業)の主将像 【2018年インタビュー】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第795回 覚悟の強さこそが最大の武器!靏仁(石見智翠館)のプロへの想い!【後編】 【2018年インタビュー】
伊藤 大征(早稲田実業) 【選手名鑑】
日本ウェルネス 【高校別データ】
都立小平 【高校別データ】
桜丘 【高校別データ】
渋谷教育学園渋谷 【高校別データ】
城北 【高校別データ】
成城 【高校別データ】
大成 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
東京 【高校別データ】
東京学芸大附 【高校別データ】
東京学館浦安 【高校別データ】
東京工業高専 【高校別データ】
東京都市大塩尻 【高校別データ】
東農大三 【高校別データ】
東農大一 【高校別データ】
東農大二 【高校別データ】
都立日野 【高校別データ】
八王子 【高校別データ】
明星 【高校別データ】
明大中野 【高校別データ】
和光 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー