目次

[1]冬のトレーニングを経て球速140キロ越え
[2]予想外の高校代表選出
[3]一戦目で勝てる投手へ


 東京六大学リーグの名門・明大で、3年生ながら押しも押されもせぬエースとして活躍している森下 暢仁投手。今秋はリーグで4勝を挙げ、アンダー世代の侍ジャパンでもメンバーの常連となっている森下投手にお話をうかがった。

冬のトレーニングを経て球速140キロ越え

 小学3年で野球を始め、小5の頃から投手としてもプレーするようになった森下投手。だが、中学時代にヒジの不安があった影響で大分商(大分)には投手兼野手として入部。2年生まではサード、ショート、外野手などのポジションもこなしていたという。

 「高校に入った頃は身長が小さくて、球速も130キロに届かず。その後も投手としての練習はあまりやっていなくて、試合が近くなってきたらシートノックの時に30~50球ほど投げるくらいでした」。

 それでも水球部と合同で行う水泳トレーニングや、10mほどの丸太を抱えて塁間を走る冬のトレーニングなどで体を鍛え、身長が伸びてくると共に球速もアップ。高2の5月には140キロを超え、3年春には最速で148キロまで到達した。



大分商時代の森下暢仁

 さらに春季大会の大分豊府戦では7回参考ながら無安打無得点試合を達成し、5月の東海大相模(神奈川)との練習試合でも146キロを記録したストレートを武器に好投。

 「当時の東海大相模には小笠原 慎之介投手(中日)や吉田 凌投手(オリックス)がいたのでプロのスカウトの方たちも多く詰めかけていたのですが、その前で10三振を奪えたので、それから一気に評価が上がった感じがしました」。

 ただ、夏に向けて、力を入れていたのはバッティングだったという。「もちろん『ピッチャーとして抑えなければいけない』という気持ちはありましたが、前年の夏は打てずに負けてしまったので(※森下投手は2番・サードで出場したが、準々決勝の大分上野丘に0対5で敗退)『打たれても、それ以上に得点を取れば勝てる』と思って、バッティングのことばかり考えていました」

 こうして迎えた最後の夏は大分大会で打率.353をマーク。しかし、それ以上の結果を残したのが、やはり本職と言えるピッチャーとしての内容だった。5試合で42回を投げて失点はわずかに4。被安打も1試合(9回)平均で4.50本しか許さない圧倒的なピッチングで決勝戦まで勝ち上がったのだが、甲子園を目前にして明豊に0対1で敗戦。

 「変化球を打たれて失点したのですが、『あの時、自信のあるストレートを投げれば良かった』と後悔しました」と本人は振り返る。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。