第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社)2018年10月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]1人もアウトにできなかった大阪桐蔭戦を乗り越えて
[2]成長を支えた女房役

 来年の高校生左腕では及川 雅貴横浜)が注目されるが、及川に負けない投手が現れた。その名は清水 大成履正社)。176センチの体格から投げ込む速球の最速は145キロ。2種類のスライダー、カーブを使い分け、近畿大会で16イニング無四球を継続する本格派左腕である。そんな清水の成長の歩みを振り返っていきたい。

1人もアウトにできなかった大阪桐蔭戦を乗り越えて



清水大成(履正社)

 寺島 成輝に続く左腕が出てきた。その名は清水 大成(2年)。ノーワインドアップから始動し、勢いよく右足を挙げていき、ぐっと右足を踏み込んで内回りのテークバックから一気に振り下ろすストレートは常時135キロ~140キロと、高校2年秋の時点では、なかなかのスピード。それよりもすごいのは制球力。近畿大会で16イニングを投げて無四球を継続中。

 初球からストライクが取れ、ボールから入っても次でしっかりとストライクが取れる。テンポよく投球を組み立てることができるので、福知山成美打線は受け身の状態となっていた。すいすいと投球を組み立て無四球完封につながった。

 隙の無いピッチングを見せる清水。ここまでのピッチングに到達してきたのは、これまでの悔しいピッチングをしっかりと糧にしてきからだ。

 1年秋から公式戦で登板を重ねるなど、順調に経験を積んできたが、2年夏、全国的に注目を浴びた大阪桐蔭戦。清水は7回途中、2番手で登板も一死も奪えず、降板した。
 「あの大会は調子が悪く、先輩たちにかなりカバーしてもらった大会でした。あの試合は1人も打ち取れずに降板してしまい、本当に悔しい思いをしました。あの悔しさが今につながっていると思います」

 そこで、清水は夏の大会後、フォーム矯正を行った。右足がインステップ気味になっていたのを真っすぐ踏み出すようにした。それにより、右足に全体重が乗り、体全体を旋回できる投球フォームに。技術面の進化によって力強い速球を投げられるようになったのだ。

【次のページ】 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

清水大成
清水大成(しみず・たいせい)
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投左打
  • 履正社
【関連記事】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第108回 新体制でスタートを切る横浜はドラフト候補集団【高校野球コラム】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第74回 通算180本塁打のスラッガー・浅村栄斗(東北楽天)が大阪桐蔭に入学した意外なワケ【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1015回 初芝立命館(大阪)が3位に入れたワケ。1つの事件と1人のコーチの存在がチームを強くした【後編】【野球部訪問】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
及川 雅貴(横浜) 【選手名鑑】
清水 大成(履正社) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
府大工業高専 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー