第804回 大阪桐蔭撃破のキーマン・東妻純平(智辯和歌山)細やかな準備が勝利を呼ぶ !2018年10月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]投手陣と呼吸ぴったり 大阪桐蔭撃破へ
[2]「2対1」で勝負することがバッテリーのあるべき姿

 10月28日、智辯和歌山は近畿大会準々決勝で大阪桐蔭に5対2で勝利し、ベスト4進出。智辯和歌山大阪桐蔭に公式戦初勝利となった。今回は大阪桐蔭の撃破のキーマンに迫っていく。それが東妻 純平智辯和歌山)だ。高校通算17本塁打、スローイングタイム1.8秒~1.9秒台のコンスタントにたたき出す強肩を備え、ドラフト候補として注目される東妻 純平に、大阪桐蔭戦を振り返ってもらった。

投手陣と呼吸ぴったり 大阪桐蔭撃破へ



捕手・東妻純平

 冷静だった。これが勝てる捕手たる所以なのか。
 捕手・東妻 純平大阪桐蔭に勝利を果たしたが、特別な喜びというものはない。
 「特に大阪桐蔭だからといって特別に意識することはなかったです。近畿大会準々決勝は大事な試合ですので、相手がどこであっても絶対に勝つこと。そのことを意識していました」
 大阪桐蔭を意識しすぎず、目の前の準々決勝に勝つことを注視してきた。相手に応じての対策をしようと考えていたのだ。

 「結構ベースの中で構えていたんですけど、(池田)泰騎がボールゾーンに構えてくれた方が投げやすいといってくれて、それで構えるようになったんですが、それでストライクがしっかりと投げられるようになりました」

 また8回2失点の好投を見せた池田 泰騎は「今まで甘めに構えていただいたんですけど、コーナーぎりぎりに構えてもらうことで投げやすくなりました」と、ストライクを取るためにバッテリーで工夫したことが分かる。

 

 また池田 泰騎自身も投げる意識を変えた。「今まで急いで投げようとする意識があったんです。それで体が突っ込んでしまって。だけど今日はゆっくりと落ち着いて投げることを意識しました。」
 それにより、速球、変化球の制球力が増した。特に良かったのはスライダー。大阪桐蔭の打者は直球が強いと感じていた。そのためには変化球でどうストライクを取るのかがカギと考えていたが、スライダーでストライクが取れたことでリードがしやすくなった。

 「本当にストレートのコントロールが良かったですし、変化球も低めに集めることができたので、丁寧に全部投げてくれました」と後輩の好投を称えた。

 また、試合途中もたびたびピンチを迎えることはあった。それでも東妻は「一歩引いて周りを見る余裕を心掛けた」と扇の要として、冷静な判断力が失わないように努めた結果が大阪桐蔭打線を抑えたことにつながった。 

【次のページ】 大阪桐蔭撃破のキーマン・東妻純平(智辯和歌山)細やかな準備が勝利を呼ぶ !(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

東妻 純平
東妻 純平(あづま・じゅんぺい)
  • ポジション:捕手
  • 身長:172センチ74キロ
  • タイプ:右投右打
  • 智辯和歌山
【関連記事】
第997回 大阪桐蔭最強世代の2番になるまでの軌跡 青地斗舞(同志社大)【前編】 【2019年インタビュー】
第1000回 憧れは中田翔!2年生4番・西野力矢(大阪桐蔭)はチームの勝利の為に打ち続ける 【2019年インタビュー】
第942回 令和最初の大阪大会は3回戦が最も盛り上がる!今から見逃せない要注目のブロック!【大会展望・総括コラム】
第995回 憧れの先輩に追いつき、そして憧れる強打の二塁手へ 宮本涼太(大阪桐蔭)【後編】 【2019年インタビュー】
第995回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
第991回 知られざる主将としての重圧。すべてを乗り越え、夏は大爆発を 中野波来(大阪桐蔭)【後編】 【2019年インタビュー】
第630回 野球は格上に勝てるスポーツ だからこそ組織力と思考力が重要  大産大附【後編】【野球部訪問】
第630回 どんな結果でも日本一を追求しつづける毎日は変わりない 大阪桐蔭【後編】【野球部訪問】
第629回 夏の全国連覇を目指して、大阪桐蔭の現在地【前編】【野球部訪問】
第28回 平成の甲子園を沸かせたスター選手!吉村卓也的ベスト5!【野手編】【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯和歌山【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
東妻 純平(智辯和歌山) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー