第803回 切磋琢磨した3年間を糧に飛躍を誓う!草薙柊太(国士舘高)【後編】2018年10月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]最後の夏に向けて団結して追い込む
[2]心身を鍛え直し大学からプロへ

 前編では草薙 柊太国士舘へ進学した理由から持ち球のコツなどを伺った。後編の今回は左腕トリオとしてともに戦った2人との関係。そして最後の夏に向けてどんな取り組みをしたのか。さらに次のステージへの意気込みを最後に語ってもらった。

最後の夏に向けて団結して追い込む


草薙柊太(国士舘)

 草薙投手の同級生には石井 崚太投手と井田 尚吾投手という左腕がいたが、「2人には『追いていかれたくない』という気持ちだった」という。

 ブルペンでは2人の投球を観察し、意見の交換も行った。
 「石井は左足一本でしっかり立って投げることができるので、そこはマネしました。今も軸足を意識して、きちんと左足に体重を乗せてから投げるようにしています。井田はチェンジアップが良いので、ボールの抜き方や力の入れ方などを教えてもらいました」。

 こうしてライバルでありながらも仲間として切磋琢磨した3人。「自分が悪くても他の2人がカバーしてくれるし、もちろん逆に自分がカバーすることもできる。昨秋の東京大会・準決勝の佼成学園戦ではピンチの場面でリリーフしたのですが、先発の石井が申し訳なさそうな顔で『ゴメンな』と言ってきたんです。それで『自分がやるしかない』と気合いが入り、なんとか抑えることができました」と振り返る。

 最後の夏に向けても、ランメニューなどでは団結して厳しい練習に励んだ。
 「昨秋は東京大会で4強。今春は準優勝だったので、『夏こそは甲子園に行きたい』と思っていました。でも、関東大会で大敗して力の差を痛感し、今のままでは実力不足だということも感じていたので、石井と井田ともう一人、古屋(竜輝)という右ピッチャーの4人で練習メニューを話し合い、もう一度、体を作り直すことにしたんです。自分は走るのが好きじゃないんですけれど、夏までほんの数ヶ月しか残っていなかったですし『楽をするのはやめよう』と誓って頑張りました。」

【次のページ】 心身を鍛え直し大学からプロへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

靏 仁
草薙 柊太(くさなぎ・しゅうた)
  • ポジション:投手
  • 身長:180cm
  • 体重:80kg
  • タイプ:左投左打
  • 国士舘
【関連記事】
第783回 東京代表20名が発表!代表選手の特徴を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第782回 奥川、武岡、西原…平成最後の神宮大会で躍動した逸材たち【大会展望・総括コラム】
第781回 平成最後の神宮大会を総括 出場10チームの収穫と課題とは【大会展望・総括コラム】
第779回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
第831回 試合を作り、決められる最高の1番打者へ 黒川 麟太朗(国士舘) 【2018年インタビュー】
第5回 国士舘高等学校(東京地区代表)「国士舘史上、最低のチームが秋の最高を目指す!」【第49回明治神宮野球大会 チーム紹介】
第814回 都大会優勝・国士舘の1年生4番!黒澤孟朗が考える選抜に向けての課題とは? 【2018年インタビュー】
第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
井田 尚吾(国士舘) 【選手名鑑】
上野 翔太郎(中京大中京) 【選手名鑑】
勝又 温史(日大鶴ヶ丘) 【選手名鑑】
草薙 柊太(国士舘) 【選手名鑑】
中神 拓都(市立岐阜商) 【選手名鑑】
市立岐阜商 【高校別データ】
工学院大附 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
中京大中京 【高校別データ】
日大鶴ヶ丘 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー