第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】2018年10月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高いレベルを求め国士舘へ
[2]フォームの改革で増えた新たな武器

 今夏、3人の好サウスポーを擁して西東京大会のベスト4まで勝ち上がった国士舘。その左腕トリオの一角として活躍したのが最速147キロのストレートを誇る草薙 柊太投手だ。この秋はプロ志望届を提出することなく、来春からは大学へ進学して野球を続ける予定とのことだが、その草薙投手にこれまでの歩みを振り返っていただいた。

高いレベルを求め国士舘へ


草薙柊太(国士舘)

 小1から上篠崎ムスタングクラブで野球を始めた草薙投手。左利きということもあってずっとピッチャーを務めており、小5の新人戦と小6のジャビットカップでは都大会に出場。

 中学では篠崎野球クラブ(現:篠崎フェニックスクラブ)に所属し、中2の東京23区少年軟式野球大会で4強に進出するなど好成績を収めてきた。ただ、当時は「球速が120キロ中盤しか出なかったので、バッティングの方が好きでした。3番を任されて、結構、打てていたんです」と話す。

 高校は「練習を見学して、レベルが高いところで挑戦したいと思って決めました」と、国士舘に入学。2年冬までは投手をしながら、バッティングを活かして外野手などでプレーすることとなった。すると、1年秋に初のベンチ入り。一次予選も突破したものの本大会の直前、利き手に打球を当ててしまい人差し指を骨折。

 翌春、浦和学院(埼玉)との練習試合では136キロを計測。さらに夏の西東京大会では143キロまで球速を伸ばした。その後もスピードアップを目指し、冬のオフシーズンには食トレで体重を72kgから80kgに。

 「1日3食に加えて、間食でアンパンを2~3個。寝る前にはお米1合分のおにぎりを自分で作って食べ、プロテインも摂っていました」。並行してウエイトトレーニングも積極的に行い「下半身が大きくなった」というが、3年春はなかなか調子が上がっていかなかった。「スピードを上げるために、下半身を使って投げようとしていたのですが、逆に140キロも出なくなって苦しみました」。

 復調へのきっかけを掴んだのは5月の関東大会・木更津総合(千葉)戦。「最後の1イニングのみの登板だったんですけれど、大差を付けられていたので『思い切り投げてみよう』と思ったんです。そうしたら142キロが出て、『こういうことだったのか』と感じました。

【次のページ】 フォームの改革で増えた新たな武器

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

靏 仁
草薙 柊太(くさなぎ・しゅうた)
  • ポジション:投手
  • 身長:180cm
  • 体重:80kg
  • タイプ:左投左打
  • 国士舘
【関連記事】
第1021回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第201回 夏はこのスーパー1年生たちに注目だ!厳選リスト25名!【ドラフト特集コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第939回 今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第992回 東海大相模相手に深めた自信を胸にライバルたちをねじ伏せる! 篠木健太郎(木更津総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第992回 伸びのある快速球のルーツは中学2年秋。変化球の重要性を感じた甲子園 篠木健太郎(木更津総合)【前編】 【2019年インタビュー】
第984回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
草薙 柊太(国士舘) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
二松学舎大附 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー